Xiaomi最新情報 ガジェット

Redmi Watch 3 Activeが日本発売!Bluetooth通話対応で税込5,490円の超コスパ・スマートウォッチ

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

2023年7月27日(木)、シャオミ・ジャパンは新型スマートウォッチ「Redmi Watch 3 Active」を日本向けに発表しました。

以下、Redmi Watch 3 Activeの主な特徴やスペック、価格をまとめています。

Redmi Watch 3 Activeの主な特徴

Redmi Watch 3 Activeは、既に日本でも発売されている「Redmi Watch 3」の廉価版的な製品です。

Redmi Watch 3と同じくメタリック仕上げのミドルフレームを採用し、洗練されたデザインが印象的。重量は約41.67g(ストラップ込み)と軽量です。

 

画面はRedmi Watch 3よりも大きい1.83インチとなっていますが、AMOLEDではなく液晶。輝度も450nitsとあまり高くありません。

一方、ウォッチフェイスは非常に多彩で、200種類以上も用意されているとのこと。また、100種類以上の多種多様なスポーツモードや、血中酸素濃度・心拍数・睡眠等のモニタリングを備えるなど機能面は申し分ありません。

しかも、Bluetooth通話に対応しており、着信に応答することが可能(発信については未記載)。バッテリーは通常使用の場合で最大12日間持続し、ハードに使用しても最大8日間とのことです。

その他、5ATM(50m)の防水性能を持つため、水泳やウォータースポーツでも活躍できそうです。一方、公式に衛星測位やAlexaの記載がないことから、これらの機能には対応していなさそうです。

希望小売価格は税込5,490円ですが、2023年7月27日19時時点ではAmazonにて税込4,990円で販売されています。

Redmi Watch 3(希望小売価格:税込17,800円)との大きな違いは、画面とおそらく衛星測位・Alexaの有無くらいです。それにも関わらずRedmi Watch 3 Activeは、Redmi Watch 3の3分の1以下の価格と、すさまじいコスパのスマートウォッチとなっています。

Redmi Watch 3 Activeのスペック

Redmi Watch 3 Activeのスペックは以下の通りです。

 Redmi Watch 3 Active
画面1.83型, LCD (液晶)
解像度:240 x 280
輝度:450nits
センサー心拍センサー (血中酸素センサー含む),
加速度計
防水5ATM
電池289mAh,
通常使用で12日間持続
サイズ46.94 x 38.88 x 10.94mm
重量41.67g(ストラップ含む)
本体色ブラック, グレー
ストラップ135~200mm
通信Bluetooth 5.3
対応OSAndroid6.0以降またはiOS12.0以降対応
その他マイク・スピーカー搭載
価格税込4,990円

ソース:Xiaomi

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

-Xiaomi最新情報, ガジェット
-,