Xiaomi最新情報

新型高性能タブ「Xiaomi Pad 6」を体験!「Xiaomiモノづくり研究所 夏の交流会」参加レポート

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

Xiaomi Pad 6を紹介する安達氏

急遽招待制で開催された「Xiaomiモノづくり研究所 夏の交流会」に参加してきたので簡単にレポートをまとめます。

今回のイベントでは「Xiaomi Pad 6」をその場で開封・体験することができました。

やずX
やずXです。Twitterでも情報発信しているので、よろしければフォローお願いします!

※本記事は、Xiaomi Japan様より「Xiaomiモノづくり研究所 夏の交流会」への招待および「Xiaomi Pad 6」のご提供を受けて作成しております。

メインは「Xiaomi Pad 6」

今回のイベントでは、新製品の高性能タブレット「Xiaomi Pad 6」を実際に体験して、ファーストインプレッションや使用感について話し合いました。

テーブルに積まれたXiaomi Pad 6とアクセサリー類

集まった一般参加者は筆者含めてわずか5人ですが、これまでにもTwitterや以前のモノづくり研究所にてお会いした方ばかり。何よりみんなXiaomiが好きな方なので、和気あいあいとした良い雰囲気で行われました。

そして進行はお馴染みのシャオミ・プロダクトプランニング本部長の安達晃彦氏です。

Xiaomi Pad 6を紹介する安達氏

そして、なんとその場で参加者全員に新製品「Xiaomi Pad 6」がプレゼント。みんなで開封してXiaomi Pad 6を使ってみました。

やずX
太っ腹すぎる!

Xiaomi Pad 6 ファーストインプレッション

それでは、実際にXiaomi Pad 6を開封して使ってみた感想をまとめていきます。

パッケージには「Dolby Vision・Atmos」のロゴがあります。

本体は不織布に包まれています。

本体以外には解説書だけでなく充電アダプタ・ケーブルが付属していました。

充電器は33W対応。前モデルXiaomi Pad 5も33W充電自体には対応していたようですが、付属充電器は高出力のものではありませんでした。Xiaomi Pad 6は本体はもちろん付属品もパワーアップしています。

その場でセットアップも行いました。言語設定やGoogleのログイン、Wi-Fi設定などスマホと同じ要領で簡単にセットアップができます。

なお、筆者は専用キーボードケースも使わせていただきました(こちらはこの場のみの貸出です)。

キーボードケースの他に説明書等が付属します。

キーボードケースを装着して閉じた状態はこんな感じ。本体背面のマグネットでくっつくので簡単に装着できます。

はめ込むタイプの固いケースだと側面にキズを付けないか心配ですが、マグネット式なのでその点は安心です。

軽い打鍵感で打ち心地良好。キーボードはもちろん日本語対応です。さらにBluetooth不要で、装着すれば自動で接続されるため特に設定の必要がありません。

他の参加者の方もキーボードケースを試していましたが、好評のようでした。

そして驚いたのがカメラアプリ。Xiaomi 13Ultraで導入された回転式のズーム目盛りがXiaomi Pad 6でも導入されており、シームレスなズームが可能です。

また、様々なフィルター機能も搭載。写真にちょっと雰囲気をプラスするのに最適な機能です。

また専用スマートペンの体験も行われました(こちらもこの場のみの貸出です)。も良く書き心地もサラサラと良好。使いやすいペンだと感じました。

写真提供:なおし(Twitter: @burasino)さん

なお、ペンは本体上部にマグネットでくっつくようになっていました。キーボードとは異なり、こちらはBluetoothで接続する必要があります。

あとキーボード機能の無いフリップケースがあり、こちらはなめらかで高い質感が参加者から好評でした(写真を撮るのを忘れました......。)

Xiaomiモノづくり研究所 夏の交流会 まとめ

以上、簡単ではありますが「Xiaomiモノづくり研究所 夏の交流会」に参加しての「Xiaomi Pad 6」ファーストインプレッションでした。

その他にも様々な話題で、安達氏と一般参加者、さらにメディア関係者の方々も交えてざっくばらんなトークが行われました。

新製品体験だけでなく貴重なお話を聞くことがもでき、非常に有意義な時間に。今回のモノづくり研究所は招待制でしたが、以前は応募・抽選制でも行われています。今後もモノづくり研究所は行っていきたいとのことなので、機会があればぜひご参加ください。

筆者が頂いたのは「シャンパンゴールド」。少し黄色っぽいシルバーという印象

なお、ご提供いただいたXiaomi Pad 6(6+128GB、希望小売価格︰税込49,800円)は今後当ブログでレビュー予定です。お楽しみに。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

1

ワイモバイルオンラインストアの「大決算SALE」は4月1日に終わってしまいましたが、実は端末の価格は大きく変わっておらず、まだまだお得です。 そこで今回は、ワイモバイルでお得に購入できる人気スマホ「O ...

2

格安SIM大手「IIJmio」にて、スマホがお得に買える「シェアNo.1記念キャンペーン」が6/3まで延長されたので、ご紹介します。 MNPでスマホが税込110円〜と非常にお得な他、SIM料金や通話定 ...

3

ネットで注文できるソフトバンク正規代理店【スマホ乗り換え.com】にて、Xperia 10 Vが返却不要で9,840円で販売されているのでご紹介します。 そのほか、折りたたみスマホのmotorola ...

4

ワイモバイルオンラインストアにて、OPPO Reno9 Aが税込,9800円の特別価格で機種変更できるので、条件や価格情報などをご紹介します。 この記事はこんな人にオススメ! ✅OPPO Reno9 ...

-Xiaomi最新情報
-,