その他

【朗報】OPPO Reno11 Aが近く日本発売か。Google Play対応端末リストに機種名が記載される

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

OPPOが毎年春頃に日本向けに発表する「Reno A」シリーズの2024年モデル「OPPO Reno11 A」の正式発表が間近に迫っているようです。

このほど、Google Playの対応端末リストに機種名が記載されていることが判明しました。

Google Play 対応端末リストに「Reno11 F 5G/Reno11 A」と記載あり

Reno AシリーズはOPPOが日本向けに発売しているミドルレンジスマートフォンのシリーズで、昨年には「OPPO Reno9 A」が発売されています。

OPPO Reno9 A

例年通りであればReno Aシリーズは数字を一つずつ飛ばして更新されていくため、新たなモデルは「OPPO Reno11 A」と見られていました。

そして、今回「Reno11 F 5G/Reno11 A」がGoogle Play 対応端末リストに加えられていることが判明。同リストに登録されたということは、本機の発売が間近に迫っていることを示唆しています。

型番は「CPH2603」で、海外で発売されている「OPPO Reno11 F 5G」と同様です。

そのため、OPPO Reno11 AはOPPO Reno11 F 5Gをベースにしたモデルと考えられ、多くのスペックが共通していると思われます。

現時点で詳細は不明ですが、新たなOPPOの主力モデルということで高いコストパフォーマンスの製品と期待されます。

OPPO Reno11 Aのスペックは?

前述の通り、OPPO Reno11 AのベースモデルはOPPO Reno11 F 5Gと考えられ、多くのスペックが共通していると思われます。

OPPO Reno11 F 5Gの主なスペックは以下の通りです。

・MediaTek Dimensity 7050 チップセット

・8GB+128GB / 8GB+256GB

・6.7インチFHD+有機ELディスプレイ
120Hzリフレッシュレート / 1100nitピーク輝度

・トリプルカメラ
64MP標準(OIS)+8MP超広角+2MPマクロ

・32MPインカメラ

・5000mAhバッテリー / 67W急速充電

・7.54mm薄型 / 177g軽量

・IP65防塵防水 / AI消しゴム / 最大2TB microSDカード

・300%ウルトラボリュームモード

このほか、OPPO Reno11 Aは日本仕様としてFeliCa(おサイフケータイ)の搭載や、一定の水没にも耐えられるIP68防塵防水への対応が期待されます。

また、OPPO Reno11 Aが上記のスペックの多くを受け継ぐのであれば、OPPO Reno9 Aから大幅に進化することに。

特にディスプレイはベゼルがかなり細く、120Hzリフレッシュレート / 1100nitピーク輝度という比較的高い水準のものになります。

OPPO Reno9 Aは、前モデルOPPO Reno7 Aからほとんど進化が無く肩透かしというのが正直な感想でした。

OPPO Reno11 Aではベースモデルからダウングレードされることなく、スペック面で夢の見られるモデルであることを期待します。

▽OPPO Reno9 A 実機レビュー!使って感じた評価とQ&A。Reno7 Aとの違いは?

▽OPPO A79 5G 実機レビュー!使って感じた評価。オススメできる or できない人は?

ソース:Google Play 対応端末リスト(Google Play Supported devices)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所の研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

-その他
-