コラム その他

さらばOCNモバイル!代わりに「irumo」が登場も......実質値上げ?

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

今年6月1日にNTTドコモは、OCNモバイルONEを運営する完全子会社「NTTレゾナント」の吸収合併することを明らかにしました。

OCNモバイルONEの今後の動向が注目されていましたが、2023年6月26日(月)を持って新規受付を停止すると発表。これに合わせてドコモは新料金プラン「irumo」の提供を発表しました。

実質的にirumoへ移行した形にですが、その実態は事実上の値上げと言えそうです。詳細は以下から。

OCNモバイルONEの料金プラン:シンプルでリーズナブル

OCNモバイルONEの料金プランの簡易まとめ表は以下の通りです。

データ容量0.5GB1GB3GB6GB10GB
月額料金550円770円990円1,320円1,760円
割引-OCN光モバイル割:▲220円/月
割引後価格550円550円770円1,100円1,540円
国内通話料11円/30秒
or 22円/30秒
※最大10分相当/月は無料
11円/30秒
or 22円/30秒
SMS通信料(国内)送信3.3円/回
※5通/月までは無料

シンプルな料金体系で、0.5GBの最低容量プランは最大10分相当/月の国内通話無料もついて月額550円という非常にリーズナブルな選択肢でした。

その他のプランについてはOCN光モバイル割で220円引きになるものの、それが無かったとしても十分リーズナブルな価格と言えるでしょう。

irumoの料金プラン:安くない?割引が複雑

一方、irumoの料金プランの簡易まとめ表は以下の通りです。

データ容量0.5GB3GB6GB 9GB
額料金550円2,167円2,827円3,377円
割引-dカードで支払:▲187円/月
ドコモ光セットまたはhome 5Gセット契約:▲1,100円/月
※みんなドコモ割のカウント対象
割引後価格550円880円1,540円2,090円
国内通話料22円/30秒
SMS通信料(国内)送信3.3円/回

最低容量プランの550円は維持されたものの、OCNのように最大10分相当/月の無料通話はついてきません。その他のプランはかなり割高な料金設定となっており、安く使うためにはdカードによる支払い、ドコモ光セットまたはhome 5Gセット契約等の割引を適用する必要があります。

irumoは店舗でのサポートがある(ただしドコモメールは有料)とは言え、元々OCNモバイルは店舗のサポートが無くても良いので安く使いたかったユーザーが多いのではないでしょうか。6GBおよび9GBのプランにいたっては、割引を適用してもOCNの6GBおよび10GBのプランより割高となってしまっています。

また、こうしたNTTドコモのサービスを併用しなければ安くならない方式は、いざと言う時に乗り換えし辛く、OCNモバイルONEの方向性とは根本的に変わってしまった感は否めません。

なお、「0.5GB」プランについては送受信最大3Mbpsの通信速度となり、ドコモの優良回線が格安で使えるという魅力もなくなってしまいました。しかも、このプランは5Gも使えません。

まとめ:OCNの魅力は無くなってしまった

以上の通り、irumoの料金プランはOCNモバイルONEよりも複雑かつ全体的に割高になってしまいました。

一方で店舗でのサポートが受けられるので、ドコモの通常プランよりも安く使えて、かつ店舗でのサポートも受けたい方の需要はあるでしょう。

なお、OCNモバイルONEは契約と同時にSIMフリースマートフォンを格安で購入できることも魅力でした。ドコモに合併されてしまったことで、そうした格安販売も行なわれなくなるかもしれません。

ソース:NTTドコモOCNモバイルONE

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

-コラム, その他