スマホ

【スタレ】Google Pixel 8 Proで「崩壊:スターレイル」は快適?実機で検証してみた【崩スタ】

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

2023年のGoogle最新フラッグシップ「Google Pixel 8 Pro」で、「原神」よりもさらに重いと言われる3Dゲーム「崩壊:スターレイル(以下、スタレ)」の動作チェックを行いました。

原神も快適には動かないと悪評の本機ですが、最初に結論を書いておくとやはりフラッグシップとしては物足りないパフォーマンスです。詳細は以下をご覧ください。

やずX
やずXです。X(旧Twitter)でも情報発信しているので、よろしければフォローお願いします!

ベンチマークから強烈な性能制限をかけていることが分かる

Google Pixel 8 Proは、Google独自のチップセット「Google Tensor G3」を搭載するハイエンドスマートフォンです。

まずは、よく知られるベンチマークアプリ「AnTuTu(Ver.10)」を使って、処理性能を測ってみました。

1回目では110万点を超えたものの、2回目以降は徐々にスコアが低下。やはり発熱に応じてサーマルスロットリング(性能制限)をかけているようです。

しかし、特徴的なのはGPUスコアには大きな低下がみられない点。スタレは特にGPUスコアを要求するゲームなので、この点は希望が見えるところでしょう。

やずX
とは言え、110万点台でも2023年のフラッグシップとしては物足りません......(他社製品は150万点~200万点超が相場)。

原神「最高」画質で動作チェック

というわけで、実際にGoogle Pixel 8 Proでスタレの動作をチェックしてみます。

ゲームを最高画質+最大60FPSに設定し検証。フィールドは仙舟「羅浮」で、検証ツールは「TakoStats」です。

15分間のプレイで平均44.549FPS......

プレイ時間はおよそ15分で、フィールドをマラソンしつつ出会った敵とも戦っています。

平均44.549FPSはやはり物足りない

FPS:6分程度からかなり不安定に

表面温度:38℃までは急上昇。その後はゆっくりと上昇し45℃程度に

序盤では意外と健闘していたものの、6分を超えたあたりから急速に不安定化。45FPSも安定して出せない微妙な結果になりました。

AnTuTuベンチマークを見る限り、GPUには大きな制限を書けていないようですが、やはり他のスコアの低下が響いているのは間違いないでしょう。

起動直後。高いFPSが出ている

10分経過した辺りでは40FPS台がデフォに

カフカチャレンジ:やっぱりスムーズには動かない

そしてスタレの人気キャラクター「カフカ」の必殺技は、特に大きく負荷がかかるモーションです(回転しながら銃撃→画面いっぱいに閃光が走る)。

ぐるぐる

ポン!

ここはパフォーマンスの差が出やすく、やはりGoogle Pixel 8 Proは若干カクつきがありました。

高画質でカフカの華麗なターンと「ポン!」を堪能するにはGoogle Pixel 8 Proは力不足と言えるでしょう。

まとめ:やはり微妙なパフォーマンス

以上、Google Pixel 8 Proでの「崩壊:スターレイル」動作チェックでした。

結論は、15万円以上もするフラッグシップモデルとは思えないパフォーマンスで、ミドルレンジに毛が生えた程度です。

特に発熱による性能制限が厳しいためか、ゲーム開始からものの数分で動作が不安定になってしまうのは......最近のハイエンドスマートフォンとしてかなり微妙です。

AIやカメラ性能に力を入れている本機ですが、ゲーム体験を期待して買ってはいけません。少なくとも原神やスタレはXiaomi 13T Proの方が圧倒的に快適に動作します。

▽【スタレ】Xiaomi 13T Proで「崩壊:スターレイル」は快適?実機で検証してみた【崩スタ】

▽Xiaomi 13T Pro「原神」動作チェック!すごすぎる結果に全原神プレイヤーが泣いた......

▽Xiaomi 13T Pro 実機レビュー!使って感じた評価。ゲーム・カメラ・バッテリー性能を検証

▽Google Pixel 8 Pro「原神」動作チェック!ハイエンドとは思えないパフォーマンス......

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

-スマホ
-,