スマホ

OPPO A79 5Gが日本発売!久しぶりにツッコミ所がない。おサイフケータイ対応のエントリースマホ

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

2024年2月8日、OPPO(オウガ・ジャパン)は新型スマートフォン「OPPO A79 5G」を日本向けに発表しました。2024年2月15日に発売されます。

以下、OPPO A79 5Gの主な特徴やスペック、価格をまとめます。

OPPO A79 5Gの主な特徴

デザイン

OPPO A79 5Gは、エントリーながら洗練されたデザインのスリムボディが特徴のスマートフォンです。

本体色はグローグリーン、ミステリーブラックの2種類。厚みは約8mmと薄く、重量は約193gです。

パフォーマンス

SoCにはメディアテック製「Dimensity 6020」を搭載。これはDimensity 700(メディアテックの5G対応SoCの最廉価品)のリネーム版で、AnTuTuベントマーク(Ver.10)では約36万程度の性能が期待されます。

スペックがほぼ同じのライバル機種「Redmi 12 5G」は「Snapdragon 4 Gen 2」を搭載しており、同ベンチマークにおいて約45万点。単純にスコアで比較するとA79 5Gは劣っています。

▽Redmi 12 5G 実機レビュー!使って感じた評価とQ&A。オススメできる or できない人は?

メモリは4GBのLPDDR4Xでmストレージは128GBのUFS 2.2。RAM拡張機能が使えるので、ストレージを転用して実質8GBまでメモリを増やせますが、性能がショボいUFS2.2であることを考えると、あまり速い動作に期待しない方が良いでしょう。

その他、最大1TBのmicroSDに対応しており、OSはAndroid 13ベースの「ColorOS 12」です。

ディスプレイ

画面は6.7インチの液晶ディスプレイを採用しており、解像度はFHD+(2400 x 1080)。最大90Hzのリフレッシュレートにも対応しています。

その他、最大180Hzのタッチサンプリングレート、最大680nitsのピーク輝度に対応。

前述の「Redmi 12 5G」は最大240Hzのタッチサンプリングレート、最大550nitsのピーク輝度となっているため、明るさの面ではA79 5Gが優位と思われます。

カメラ

アウトカメラは、5,000万画素のメインカメラと200万画素の深度センサーのデュアル仕様。深度センサーは撮影に使えないので実質的にはシングルカメラです。

ここははっきりとコストカットされている部分と言えるでしょう。画像処理を行うSoCも最低水準のものなので、画質は期待しない方が良いです。インカメラは800万画素です。

バッテリー・その他のスペック

バッテリーは5,000mAhの大容量で、最大33Wの急速充電に対応。前述の「Redmi 12 5G」は18Wの出力となっているため、この点はA79 5Gが優位です。

ただし充電器は別売り。33Wで充電したい場合は、純正の充電器かPPS対応の充電器を使用しましょう。

その他、FeliCa(おサイフケータイ)や、IP54の防塵防滴(生活防水)、側面指紋認証と顔認証に対応。3.5mmイヤホンジャック、ステレオスピーカーも搭載します。

OPPO A79 5Gの価格と販路・総評

OPPO A79 5Gの価格は税込29,800円(公式ストア)。Amazon楽天市場の他、楽天モバイルワイモバイルIIJmio等でも取り扱われます。

Amazonや楽天市場では早期購入の場合、純正充電器がプレゼントされるようです。

OPPOのAシリーズとしては初のおサイフケータイ対応モデルでもあり、エントリー機種としては全体的によくまとまっています。

価格もスペックもシャオミの「Redmi 12 5G」によく似ていますが、SoCの性能で劣る一方、充電出力やスピーカー(ステレオ)で優ります。そのほか、moto g53y 5G(moto g53j 5G)の有力なライバルとなるでしょう。

最近のOPPOは、SoCがやばすぎてネット上で壮絶な叩かれようだったA77、前モデルからほとんど何も進化しなかったReno9 A、高い割に型落ちSoCが微妙なReno10 Pro 5Gなど、ツッコミ所の多い製品が続いていたのですが、A79 5Gはかなり堅実な製品です。

OPPO A79 5Gのスペック

OPPO A79 5Gのスペックは以下の通りです。

 OPPO A79 5G
OSDimensity 6020
メモリ4GB, LPDDR4X
容量128GB, UFS 2.2
最大1TBのmicroSD対応
画面6.7型, 液晶, FHD+ (2400×1080) ,
リフレッシュレート:最大90Hz,
タッチサンプリングレート:最大180Hz
ピーク輝度:680nit
アウトカメラメイン:5000万画素,
深度センサー:200万画素
インカメラ800万画素
電池5000mAh, 33W充電
音響ステレオスピーカー, 3.5mmイヤホンジャック
生体認証側面指紋・顔認証
おサイフケータイ対応
防塵防水IP54
4G FDD LTE : 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/26/28
TD LTE : 38/39/40/41/423G
5Gn1/n3/n28/n41/n77/n78
寸法166 x 76 x 8mm, 193g
本体色グローグリーン, ミステリーブラック
その他Bluetooth 5.3, nanoSIM+eSIM
価格税込29,800円

ソース:OPPO

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所の研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

1

楽天モバイルにMNP(電話番号そのままで乗換)すると、14,000ポイントがプレゼントされるキャンペーンが実施中です。 また、iPhoneを20,000円引きで購入できるキャンペーンも実施中で、上記の ...

2

格安SIM大手「IIJmio」にて、スマホがお得に買えるサマーキャンペーン【スマホ大特価セール】が始まったのでご紹介します。 MNPでスマホが最大54,000円(税込)引きの他、SIM料金や通話定額オ ...

3

格安SIM大手IIJmioが開催する「Xiaomi新機種発売記念キャンペーン」にて、新型スマホ「Redmi Note 13 Pro+ 5G」と「Xiaomi 14 Ultra」がお得に購入できるのでご ...

4

Google純正の人気スマホ「Google Pixel 8a」をお得に購入する方法をまとめています。 Google Pixel 8aはGoogleストアで税込72,600円となっていますが、実はSIM ...

-スマホ
-