スマホ

Xiaomi 13T Pro「原神」動作チェック!すごすぎる結果に全原神プレイヤーが泣いた......

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

2023年12月にも日本で発売予定の最新ハイエンドモデル「Xiaomi 13T Pro」の海外版を使ってみたので、「原神」の動作チェックをお届けします。

日本版の価格は記事公開時点で不明ですが、最高級の原神パフォーマンスを発揮できるスマホとなっています。原神プレイヤーで本機の購入を検討している方は是非ご覧ください。

やずX
やずXです。X(旧Twitter)でも情報発信しているので、よろしければフォローお願いします!

ベンチマークは発熱が激しいがスコアは高い

Xiaomi 13T Proは、SoCにメディアテック製の高性能チップ「Dimensity 9200+」を搭載しており、高水準のパフォーマンス性能が期待できます。

まずは、よく知られるベンチマークアプリ「AnTuTu(Ver.10)」を使って、Xiaomi 13T Proの処理性能を測ってみました。

1回目では高水準の150万点以上のスコアを記録。一方で発熱は非常に強く、16.5℃も上昇しました。

以降は、温度上昇を抑えるためかスコアが低下しており、2、3回目とも120万点台に留まっています。

しかしながら、注目して欲しいのは3回目。わずか1.9℃の温度上昇にも関わらず120万点台を維持という驚くべき結果となっています。

この結果から、実際のゲームプレイにおいても発熱を抑えるための性能制限自体はあるものの、パフォーマンス自体はほぼ維持できるのではないかと推測できます。

やずX
これは実際に検証し甲斐がありそうですね!

原神「最高」画質で動作チェック

というわけで、実際にXiaomi 13T Proで原神の動作をチェックしてみます。最高画質+最大60FPS設定で、比較的動作の軽いフィールド「モンド」と、重めな「スメール(砂漠)」で検証しました。検証ツールは「TakoStats」です。

先に結論をまとめておくと、短時間のプレイでは非常に高いパフォーマンスを発揮。さらに長時間のプレイではわずかに制限はあるものの、高いパフォーマンスを維持しました

モンド:非常に快適

プレイ時間はおよそ15分で、フィールドをマラソンしつつ出会った敵とも戦っています。

平均約59FPSで動作

FPS:波は少なく、ほぼ60FPSを維持していることが分かる

バッテリー温度:15分で約14℃の上昇

15分のプレイでは極めて高いパフォーマンスを発揮しました。

フレームレートはほとんどのシーンで60FPSに張り付いており、明らかな処理落ちも無し。高いパフォーマンスゆえか温度上昇はあるものの、非常に快適なプレイが可能でした。

移動中:ほとんど60FPSで非常に快適

戦闘中:ほぼ50FPS以上を維持していた

移動中はもちろん、元素爆発やスキルを連発して負荷が強くなっても高FPSを維持。大きな処理落ちも無く極めて快適に戦闘を楽しむことができました。

やずX
これは超合格点!

スメール:同じく非常に快適

次に動作が重くなりがちなスメール(砂漠)。モンドと同じくプレイ時間はおよそ15分で、フィールドをマラソンしつつ出会った敵とも戦っています。

平均約58FPSで動作

FPS:若干波はあるが、依然として高水準

バッテリー温度:15分で約12℃の上昇

モンドと比べるとわずかにFPSが乱れることがあったものの、依然として高いパフォーマンスを発揮しました。

一時的に45FPSを切るシーンがありましたが、ゲームプレイに支障はほぼなく、非常に快適なプレイが可能でした。

移動中:もちろん60FPSをほぼ維持できる

戦闘中:おおむね50FPS台を維持できている

移動中に関しては、ほとんどモンドと変わらず。戦闘中は、元素爆発やスキルで一時的にFPSが低下することはあっても、すぐ50FPS台に戻ります。

という訳で15分のプレイでは極めて高水準のパフォーマンスを発揮できることが分かりました。

スメール:1時間のプレイでも驚きの結果に

しかし、ベンチマークでも分かるようにXiaomi 13T Proは発熱が強め。そのため、長時間のゲームプレイでは強い制限をかける可能性があります。

というわけで、スメール(砂漠)にて、最高画質+最大60FPS設定で1時間のプレイを試してみたのですが、結果は驚くべきものでした。

平均約58FPSで動作

FPS:一時的に45FPS制限がかかっているシーンがあるが、安定

バッテリー温度:44℃を超えないように制御している

フレームレートは平均で58FPS近くと高いパフォーマンスを維持。一時的に45FPSに制限されることはありましたが、長時間のプレイでこの結果は素晴らしいものです。

また、さらに注目して欲しいのは温度の制御で、バッテリー温度が44℃を超えないような制御がされているようです。

リチウムイオンバッテリーは45℃を超えると急速に劣化しやすいとされているため、ゲームの快適性を維持しつつも、安全や長期間の使用も想定した制御は、非常に優秀と言えるでしょう。

やずX
全スマホメーカーが見習ってほしいですね......!!

まとめ:「原神」覇権になり得るパフォーマンス

以上、Xiaomi 13T Proでの原神の動作チェックでした。

結論は、ゲーミングスマホを除く一般的なスマホとしては最高級の原神パフォーマンスを発揮できました。

短時間はもちろんのこと、長時間のゲームプレイでも高水準かつ安定した性能を発揮できており、極めて快適です。

特に、バッテリーが劣化しやすくなる45℃に達しないような温度制御をしつつ、高いゲームパフォーマンスも維持する調整は、非常に素晴らしいものと言えるでしょう。

極めて強い制限をかけてゲームの快適性を犠牲にしている「Google Pixel 8 Pro」には是非とも見習ってもらいたいスマホです。

▽Google Pixel 8 Pro「原神」動作チェック!ハイエンドとは思えないパフォーマンス......

▽Xiaomi 13T Pro 実機レビュー!使って感じた評価。ゲーム・カメラ・バッテリー性能を検証

Xiaomi 13T Proをお得に購入する方法

日本版の「Xiaomi 13T」および「Xiaomi 13T Pro」の通常価格は以下の通りです。

Xiaomi 13TXiaomi 13T Pro
オープンマーケット109,800円
ソフトバンク111,600円
au74,800円
UQモバイル74,800円

実際には、回線と同時契約することでこれよりも安く購入可能。ソフトバンク正規代理店【スマホ乗り換え.com】や、または格安SIM大手IIJmioなどでの購入がお得です。

※MNP:電話番号をそのままに回線契約を他社から乗り換えること

詳細は、以下の記事にまとめているので、是非ご覧ください。

▽Xiaomi 13T / 13T Proをお得に購入するセール・キャンペーンまとめ。最安値はどこ?

その他のスマホのパフォーマンスをチェック!

ハイエンド帯(8万円~)

▽Zenfone 10で「原神」パフォーマンスをチェック!快適にプレイできる?

▽Nothing Phone (2) で「原神」パフォーマンスをチェック!快適にプレイできる?

ミドルレンジ帯(3~6万円台)

▽motorola edge 40「原神」動作チェック!動作よりも気になる点が......

▽Google Pixel 7aで原神は快適?実機で検証してみると意外な結果に......

▽OPPO Reno10 Pro 5G「原神」動作チェック!8万円なりのパフォーマンスは出るのか?

▽Redmi Note 13 Pro+「原神」動作チェック!4万円以下でこれはスゴイのでは??

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

1

ワイモバイルオンラインストアの「大決算SALE」は4月1日に終わってしまいましたが、実は端末の価格は大きく変わっておらず、まだまだお得です。 そこで今回は、ワイモバイルでお得に購入できる人気スマホ「O ...

2

格安SIM大手「IIJmio」にて、スマホがお得に買える「シェアNo.1記念キャンペーン」が6/3まで延長されたので、ご紹介します。 MNPでスマホが税込110円〜と非常にお得な他、SIM料金や通話定 ...

3

ネットで注文できるソフトバンク正規代理店【スマホ乗り換え.com】にて、Xperia 10 Vが返却不要で9,840円で販売されているのでご紹介します。 そのほか、折りたたみスマホのmotorola ...

4

ワイモバイルオンラインストアにて、OPPO Reno9 Aが税込,9800円の特別価格で機種変更できるので、条件や価格情報などをご紹介します。 この記事はこんな人にオススメ! ✅OPPO Reno9 ...

-スマホ
-,