クーポン・セール情報

【最新】Nothing Phone (2) をお得に購入するキャンペーン・セールまとめ!最安値をチェック

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

この記事では、ロンドン発ブランドNothingのハイエンド・スマートフォン「Nothing Phone (2)」をお得に購入する方法をまとめています。

やずX
やずXです。Twitterでも情報発信しているので、よろしければフォローお願いします!

※記事の内容は最終更新時のものです。途中で内容が変更されたり誤記の可能性もあるので、必ずリンク先の各公式サイトで正しい情報を確認してください。

Nothing Phone (2) お得情報まとめ表

現在、Nothing公式ストアでのNothing Phone (2) 各モデルの価格は以下の通りです。

Nothing Phone (2) の価格

8+128GB: 税込79,800円(ブラックのみ)

12+256GB: 税込99,800円

12+512GB: 税込109,800円

これに対して、格安SIMのIIJmioなら12+256GBおよび12+512GBモデルが、もっとお得に購入できます。以下が価格のまとめ表です(価格は税込)。

IIJmioNothing公式
8+128GB取り扱い無し79,800円
12+256GB通常: 99,800円
MNP: 89,800円
(24回払い可能)
99,800円
12+512GB通常: 109,800円
MNP: 99,800円
(24回払い可能)
109,800円

※MNP:電話番号をそのままに回線契約を他社から乗り換えること

IIJmioでは、通常価格はNothing公式ストアと変わりませんが、MNPならお得に購入可能です。

さらに音声SIM 440円割引×6ヶ月通話定額410円割引×6ヶ月など(6月3日まで)のキャンペーンを実施中。2GBプランと5分通話定額を合わせても、6ヶ月間は月額500円(税込)と非常にお得に使えます。

※IIJmioのキャンペーンの割引・データ増量は音声eSIMも対象

\端末購入はコチラ!/

IIJmioで端末を購入する

IIJmio 初期費用&SIMカード最低月額

IIJmioの初期費用&SIMカード最低月額は以下の通りです。

初期費用(税込)SIMカード月額(税込)
IIJmio初期手数料
3,300円
SIMカード発行料
D回線:433.4円
or A回線:446.6円
2GB/月:850円
(6か月は410円)

※IIJmioについて:1つのIDでいずれかの端末で1回のみ限定特価。また、過去1年以内に「MNP回線と対象端末をセット申込で特別価格(キャンペーン含む)」が適用された方は、本キャンペーンの特別価格は適用されません。

IIJmioは、お得すぎるキャンペーン中!

IIJmioを提供する「インターネットイニシアティブ」は、MM総研の国内MVNO市場調査(リンク)によれば、2023年9月末時点でシェア第一位

※MVNO:ドコモ、au、ソフトバンク等のMNOから回線を借りて提供する事業者のこと

その武器は圧倒的なコスパです。例えば、2GBプランが税込850円、10GBプランでも税込1,500円とかなり安く、毎月の固定費用を抑えることができます。

ポイント

2~20GB対象:音声SIM 440円割引×6ヶ月(6月3日まで)
※音声eSIMも含む

30~50GB対象:音声SIM 5GB増量&半額×3ヶ月(6月3日まで)
※音声eSIMも含む

通話定額410円割引×6ヶ月(6月3日まで)

5Gオプションが追加料金なしで使える

プランは税込850円/月(2GB)~と格安

通話定額オプションあり(5分 or 10分 or かけ放題)

余ったデータ量は翌月繰り越し可能

機能やデータ量が違っても家族でデータシェア可能

ドコモ、au回線を選べる。eSIMも対応
※eSIMはドコモ回線のみ

キャリアのサブブランドだと料金・割引が複雑だったりしますが、IIJmioはシンプルで割安感のある料金体系。更に5Gも無料で利用でき、MNP転出料・契約解除料もなしとなっています。

\端末購入はコチラ!/

IIJmioで端末を購入する

Nothing Phone (2) の主な特徴・価格

Nothing Phone (2) は、背面の特徴的なLEDライト「グリフ・インターフェイス」を備えたハイエンド・スマートフォンです。

もちろん光るだけが魅力ではなく、スペックも手堅くまとまっています。おサイフケータイや浸水に耐えられる防水性能はありませんが、コスパの良いハイエンドモデルを求める方には魅力的なスマホ。主な特徴は以下の通りです。

ポイント

Nothing OS 2.0 / グリフ・インターフェイスの独自仕様

ハイエンドチップ「Snapdragon 8+ Gen 1」搭載

✅デュアル5000万画素カメラ(メイン+超広角)搭載

120Hz / 1600nitsの6.7インチLTPO有機ELディスプレイ

4,700mAhバッテリー/45W PPS有線・15W Qi無線充電

ステレオスピーカー / IP54防塵防滴

Android 3年 / セキュリティ4年のアップデート

\端末購入はコチラ!/

IIJmioで端末を購入する

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

-クーポン・セール情報
-