ガジェット クーポン・セール情報

Xiaomi Buds 4 Pro、Redmi Buds 4 / 4 Proが日本発表!特徴・価格・キャンペーンまとめ

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

シャオミ・ジャパンは、新型完全ワイヤレスイヤホン「Xiaomi Buds 4 Pro」「Redmi Buds 4 Pro」「Redmi Buds 4」を発表しました。本日より発売です。

以下、製品の特徴を比較しつつ、価格やセール情報等をまとめます。

3製品のスペック比較と価格&キャンペーン情報

スペックの比較

新たに発表された3製品の主なスペックの比較は、以下の通りです。

Xiaomi
Buds 4 Pro
Redmi
Buds 4 Pro
Redmi
Buds 4
ドライバー11mm10mm+6mm10mm
コーデックLDAC/AAC/SBCLDAC/AAC/SBCAAC/SBC
空間オーディオ
ANC48db43db35db
外音取込
電池イヤホン:9時間
ケース込:38時間
イヤホン:9時間
ケース込:36時間
イヤホン6時間
ケース込30時間
急速充電5分充電で
3時間持続
5分充電で
2時間持続
5分充電で
1時間持続
無線充電
防塵防水イヤホン:IP54
ケース:IP54
イヤホン:IP54
ケース:なし
イヤホン:IP54
ケース:なし
Bluetooth5.35.35.2
アプリ対応

いずれの製品もアクティブ・ノイズキャンセリング(ANC)と外音取込、急速充電等に対応していることが特徴。コーデックやいわゆる空間オーディオの類似機能、無線充電(Qi)の有無などで違いがあります。

やずX
Redmi Buds 3 Proは無線充電(Qi)対応でしたが、Redmi Buds 4 / 4 Proは非対応なので注意!

なお、専用アプリ「Xiaomi Earbuds」は、Google Playのみの配信でApp Storeにはありません(2023/3/2時点)。そのため、iPhoneではアプリによるカスタマイズや操作には非対応です。

価格&キャンペーン情報

新たに発表された3製品の公式価格および発売記念キャンペーン情報は、以下の通りです(価格はいずれも税込)。

Xiaomi
Buds 4 Pro
Redmi
Buds 4 Pro
Redmi
Buds 4
通常価格26,800円11,800円7,980円
セール価格
19,800円9,800円5,980円
やずX
強力なANC&急速充電対応というスペックを考えれば、どの製品も安い!

いずれもキャンペーンで数千円の大きな値引きがありますが、特にXiaomi Buds 4 Proの7,000円もの高額値引きが目につきます。ただし、Xiaomi Buds 4 Proのセール価格は、「Xiaomi 12T Pro」の購入者限定クーポンを使用した価格であることに注意しましょう。

Xiaomi 12T Pro購入者は、以前に購入した方も対象で、3月2日〜4月2日の応募期間で7,000円引きクーポンが貰えます。詳細はコチラをご確認ください。

「Redmi Buds 4 Pro」「Redmi Buds 4」については、3月9日までの早割価格です。

各製品の特徴

Xiaomi Buds 4 Pro

Xiaomi Buds 4 Proは、99.6%ものノイズを低減するという48dBカットのANCに対応した完全ワイヤレスイヤホン。独特なオープン型のマグネットケースや光沢感の強いデザインが印象的です。

ANCだけでなく、外部音取り込み、360°の立体サラウンドを提供するディメンショナルオーディオ、タッチ操作、着脱検知に対応しています。また、声を正確に捉える骨伝導センサーとトリプルマイク、そしてシャオミ独自の高度AIにより、非常にクリアな通話が可能と謳います。

音質面も妥協はなく、11mmのデュアルダイナミックドライバーにより、原音に忠実なHi-Fiサウンドを表現。また、「LHDC 4.0」コーデック対応だった中国版とは異なり、日本版では「LDAC」コーデックに対応します。

イヤホンのみで最大9時間、ケース込みで38時間の長いバッテリー持続があり、たった5分の充電で3時間使用できる急速充電にも対応。また、Qiワイヤレス充電も対応しています。

その他、ケースへの収納は独特なオープンマグネットデザインを採用しており、イヤホン本体だけでなくケースもIP54防塵防水に対応。また、独自アプリだけでなくGoogle Fast Pairに対応しています。

カラーは、スターゴールド、スペースブラックの2色展開です。

Redmi Buds 4 Pro

Redmi Buds 4 Proは、多くの機能やHi-Resオーディオに対応した安価ながら高機能な製品で、43dBのカットのANCや、簡易的な空間オーディオ(イマーシブサウンド)に対応しています。

3つのマイクを備えており、シーンに応じた3種類の強度のANCをAIが自動選択する機能や、風切り音防止アルゴリズムを搭載。外部音取り込み機能にも対応します。

音質面では、中国版とは異なり「LDAC」コーデックに対応。10mmアルミドライバーと、6mmチタンドライバーで構成されるデュアル・ダイナミックドライバーを備えており、96kHz/24bitの高いビットレートによりハイレゾ相当の音質を実現しています。

その他、ANCオフ時にイヤホンのみで9時間、ケース込みで36時間の長いバッテリー持続があり、たった5分の充電で2時間使用できる急速充電にも対応。また、IP54レベルの防塵防水、タッチ操作、着脱検知、デュアルデバイス接続、Bluetooth 5.3に対応します。

カラーはムーンホワイトとミッドナイトブラックの2色です。

▽Redmi Buds 4 Pro レビュー

Redmi Buds 4

Redmi Buds 4は、Proモデルよりも安価な製品ですが、35dBカットのANCに対応しています。

2つのマイクを備えており、Redmi Buds 4 Proと同様にAIによるANCの自動調節機能に対応。また、外音取込にも対応しています。

音質面では10mmのムービングコイルユニットを備えており、Bluetooth 5.2により遅延の少ない接続を実現しているとのこと。

その他、ANCオフ時にイヤホンのみで6時間、ケース込みで30時間のバッテリー持続と、たった5分の充電で1時間使用できる急速充電にも対応。また、タッチ操作、着脱検知も対応しています。

カラーはホワイトとブルーの2色です。

ソース:Xiaomi (1) (2) (3)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

1

ワイモバイルオンラインストアの「大決算SALE」は4月1日に終わってしまいましたが、実は端末の価格は大きく変わっておらず、まだまだお得です。 そこで今回は、ワイモバイルでお得に購入できる人気スマホ「O ...

2

格安SIM大手「IIJmio」にて、スマホがお得に買える「シェアNo.1記念キャンペーン」が6/3まで延長されたので、ご紹介します。 MNPでスマホが税込110円〜と非常にお得な他、SIM料金や通話定 ...

3

ネットで注文できるソフトバンク正規代理店【スマホ乗り換え.com】にて、Xperia 10 Vが返却不要で9,840円で販売されているのでご紹介します。 そのほか、折りたたみスマホのmotorola ...

4

ワイモバイルオンラインストアにて、OPPO Reno9 Aが税込,9800円の特別価格で機種変更できるので、条件や価格情報などをご紹介します。 この記事はこんな人にオススメ! ✅OPPO Reno9 ...

-ガジェット, クーポン・セール情報
-,