コラム スマホ

新機種「arrows N」発売からわずか3か月。らくらくホンでも知られるFCNTが民事再生手続きを開始

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

スマートフォンのarrowsシリーズや、らくらくホンで知られるFCNT株式会社が民事再生手続きを開始しました。

報道によれば関連会社も含め負債総額は1400億円余りに上るとのこと。詳細は以下から。

民事再生手続きを開始。今後の事業継続は?

▽お得なのは5月まで!?Google Pixel 7aやXiaomi 12T Pro、iPhone 13が実質24円に

https://pragma-life.jp/sumaho-norikae-20230526/

負債総額は約1432億円

FCNTのプレスリリースによれば、FCNTは東京地方裁判所に民事再生手続開始の申立てを行い、本日付(2023年5月30日)で受理されたとのこと。

また、携帯端末市場の成熟化等によって売上が伸び悩む中、昨今の円安の進行や半導体の調達コスト等が急激に高騰し、収益・資金繰りが急速に悪化したと説明しています。

今回民事再生法の適用を申請したのは、FCNTとその関連会社2社で、3社合わせた負債総額は約1432億円にも及ぶといいます。

既存製品の販売・サポートは継続するが......

気になるのは今後のFCNTのサービスの展開ですが、プレスリリースでは以下の内容が明らかにされています。

・シニア向けSNSサービス等の関連サービス等 → 複数社より支援の意向あり

・携帯端末の製造・販売事業 → 支援の意向なし。事業を速やかに停止

・携帯端末の修理・アフターサービス事業 → 支援の意向なし。一旦停止

ただし、これを受けてドコモ・au・ソフトバンクの各社は、自社が販売するFCNT製品についてアフターサポートや販売を継続するとしています。

つまり、今後新製品が登場するかはかなり怪しいものの、既存製品の販売や修理等はしばらく続くようです。既存ユーザーの方は心配せずそのまま使い続けて問題ないでしょう。

なお、FCNTは今年2月に「エシカル」「サステナブル」を謳うarrows N F-51Cをドコモから発売しています。しかし、この製品はスペックの割にあまりに値段が高いことで1月の予約開始時から非難轟々。正直これは未来が危ういとは思っていましたが、2月の発売からわずか3か月でギプアップという結果に。

不採算事業が整理されることは確実で、現時点で携帯端末の製造・販売事業にスポンサー支援の意向が無いことからも今後の新製品発売は難しそうです。arrows N F-51Cの詳細は以下をご覧ください。

arrows N F-51Cの特徴。他社製品と比較

arrows N F-51Cはドコモが取り扱うAndroidスマートフォンで、今年2月に発売。価格は9万8780円です。

主な特徴は以下の通りです。

ポイント

✅Snapdragon 695搭載の5Gスマホ

✅120Hz駆動の有機ELディスプレイ

✅1/1.55インチ大型センサーのメインカメラ(5030万画素)

✅ハンドソープで洗える高い防水性

✅おサイフケータイ対応

本体の外装67%に再生素材を使用

機種代金の1%相当を環境保護のために寄付

スペック面ではスタンダードなミドルレンジの一歩上を目指した感じがあり、arrowsらしくハンドソープで洗える高い防水性を備えています。

また「エシカル」を謳い、機種代金の1%相当を環境保護のために寄付することや、本体の外装67%に再生素材を使用しているというSDGsに適したスマホとなっています。

メモ

エシカル︰法的な縛りはないけれども、多くの人たちが正しいと思うことで、人間が本来持つ良心から発生した社会的な規範

ソース︰エシカル協会

▽お得なのは5月まで!?Google Pixel 7aやXiaomi 12T Pro、iPhone 13が実質24円に

https://pragma-life.jp/sumaho-norikae-20230526/

それでは、上記のarrows N F-51Cのスペックを踏まえたうえで、本機を同じSoC(CPU)を備えた他社の製品と比較していきます。

SoCはスマホの頭脳となる部分で、arrows N F-51Cは「Snapdragon 695」というチップを採用しています。採用している機種はかなり多く、性能的には3Dゲームを除けば十分といったミドルスペックのSoCです。

主な人気機種として「AQUOS sense7 plus(小型版のAQUOS sense7もあり)」「Xperia 10 IV」「OPPO Reno7 A」「Redmi Note 11 Pro 5G」が挙げられます。

▽AQUOS sense7 実機レビュー

価格✕︰めちゃくちゃ高い

再生素材使用も高コスト化の要因か

価格(税込)
arrows N F-51C98,780円(ドコモ)
AQUOS sense7 plus69,840円(ソフトバンク)
Xperia 10 IV64,152円(ドコモ)
OPPO Reno7 A44,800円(直販)
Redmi Note 11 Pro 5G44,800円(直販)

ご覧のように、同じSoC(=似たような処理性能)の他社製品と比べて、arrows N F-51Cは圧倒的に高価となっています。

やずX
OPPO Reno7 Aの倍以上!!

これだけ高価なのですから、SoCこそ同じでも他のスペックで圧倒してもらいたいもの。それでは以下、主要スペックを比較していきましょう。

▽OPPO Reno7 A 実機レビュー

画面◎︰高リフレッシュレートで目に優しい

ブルーライトもカット

画面
arrows N F-51C6.24インチ, 有機EL,
解像度 FHD+,
リフレッシュレート 120Hz
AQUOS sense7 plus6.4インチ, 有機EL,
解像度 FHD+,
リフレッシュレート 120Hz
Xperia 10 IV6.0インチ, 有機EL,
解像度 FHD+,
リフレッシュレート 60Hz
OPPO Reno7 A6.4インチ, 有機EL,
解像度 FHD+,
リフレッシュレート 90Hz
Redmi Note 11 Pro 5G6.67インチ, 有機EL,
解像度 FHD+,
リフレッシュレート 120Hz

画面スペックについてはかなり似通っていますが、Redmi Note 11 Pro 5G、AQUOS sense7 plus、arrows N F-51Cはいずれも有機ELで滑らかに動作する120Hzのリフレッシュレートに対応。よって、arrows N F-51Cの画面は優秀なスペックと言えます。

▽Redmi Note 11 Pro 5G 実機レビュー

カメラ◯ or △︰独自の画質処理モードが鍵だが......

Dual PD AFも対応

カメラ
arrows N F-51Cメイン:5030万画素
超広角:810万画素
AQUOS sense7 plusメイン:5030万画素
超広角:800万画素
Xperia 10 IVメイン:1200万画素
超広角:800万画素
望遠:800万画素
OPPO Reno7 Aメイン:4800万画素
超広角:800万画素
マクロ:200万画素
Redmi Note 11 Pro 5Gメイン:1億800万画素
超広角:800万画素
マクロ:200万画素

画素数でカメラの良し悪しはあまり計れず、またこうしたミドルレンジモデルの場合、メイン以外のカメラはおまけ程度の性能です。

最も重要なのはメインカメラのセンサーサイズで、基本的には、大きければ大きいほど取り込める光の量が多く、良い写りになります。

最も大きいのがRedmi Note 11 Pro 5G(1/1.52インチ)で、AQUOS sense7 plus(1/1.55インチ)がこれに次ぎます。ただし、筆者の体感的には、独自の画質エンジンでカメラをアップグレードしているAQUOSの方が画質は上位です。

arrows N F-51CもAQUOS sense7 plusと同じセンサーを搭載していると言われており、更に独自の「Photoshop Express モード」により写真を美しく仕上げるとのことです。arrows N F-51Cがカメラ性能で他社に優るかどうかは、このモードの完成度にかかっていそうです。

やずX
なお、同じモードを搭載した「arrows 5G F-51A」の評判は散々でしたが......。

▽AQUOS sense7をお得に購入する方法

電池△︰長寿命(らしい)だが容量自体は多くない

長寿命の電池と謳う

電池
arrows N F-51C4,600mAh
AQUOS sense7 plus5,050mAh
Xperia 10 IV5,000mAh
OPPO Reno7 A4,500mAh
Redmi Note 11 Pro 5G5,000mAh
67W急速充電

単純にバッテリー容量で見ると、AQUOS sense7 plusが最上位。筆者の体感とTwitter等での評判を総合的に見ると、AQUOS sense7 plus、Xperia 10 IV、Redmi Note 11 Pro 5Gはいずれもバッテリー持ちが良いと評判です。

また、Redmi Note 11 Pro 5Gについては唯一高出力(67W)の急速充電に対応しており、充電にかかる時間は他社の半分またはそれ以下となっています。

arrows N F-51Cは長期間使っても劣化しにくいと謳いますが、他社製品も似たような謳い文句でPRしており、こればっかりは実際に年単位で使ってみないと分かりません。

単純にこれらのスぺックを見ると、arrows N F-51Cの優位性はあまり無いでしょう。

▽Redmi Note 11 Pro 5Gをお得に購入する方法

防水、おサイフケータイ◎、他社回線✕

ハンドソープでの丸洗いも可能

防塵防水/耐衝撃おサイフケータイ
arrows N F-51CIP68 /
MIL-STD-810H
あり
AQUOS sense7 plusIP68 /
MIL-STD-810G
あり
Xperia 10 IVIP68あり
OPPO Reno7 AIP68あり
Redmi Note 11 Pro 5GIP53あり

防塵防水性能については、Redmi Note 11 Pro 5G(IP53, 生活防水)以外は一定の水没にも耐えられる最高クラス。更にarrows N F-51Cは、AQUOS sense7 plusと同様に米国国防総省の調達基準「MIL」対応で耐衝撃性能も高いと思われます。

おサイフケータイに関しては、いずれも対応。これらを全て満たすうえに、ハンドソープでも洗えるarrows N F-51Cは優秀なスペックです。

ただし、他社プラチナバンドは非対応となっており、ドコモ以外の回線で使うと、屋内や地下など繋がらない場所が多々あると思われます。そのため、他社回線で使う場合には注意が必要です。

結論︰他の機種を買おう!そして自分で寄付しよう!

総合的に見ると、arrows N F-51Cのスペックは他社と同等か一定の優位性を持つことが分かります。しかし、ここで改めて価格を比較してみましょう。

価格(税込)
arrows N F-51C98,780円(ドコモ)
AQUOS sense7 plus69,840円(ソフトバンク)
Xperia 10 IV64,152円(ドコモ)
OPPO Reno7 A44,800円(直販)
Redmi Note 11 Pro 5G44,800円(直販)
やずX
他社と同等か若干優位なだけでこの価格差......!!

スペックの近いAQUOS sense7 plusと比べても3万円近くも高くなっています。はっきり言うと、やはりarrows N F-51Cの価格は高すぎるでしょう。

一応擁護しておくと、arrows N F-51Cの価格は「いつでもカエドキプログラム」前提と思われ、2年後に返却すれば実質48,840円です。割引率は50%以上と、他の製品の基準(約30%程度)と比べれば大きめに設定されています。

ただそれを使っても、そもそも返却不要のOPPO Reno7 AやRedmi Note 11 Pro 5Gよりも高いので、やはり微妙さは否めません。

やずX
環境保護目的なら、OPPO Reno 7A等を買って好きな金額を自分で寄付すれば良いのでは......?

▽OPPO Reno7 Aをお得に購入する方法

余談︰そもそも10万円のラインはハイエンドの戦場

サステナブルは良いことだ。良いことだけど......

以上の通り、同じSoCを搭載する他社製品と比較すると、かなり高めなarrows N F-51Cですが、そもそも10万円近い価格設定はハイエンド機種のラインです。

価格
arrows N F-51C98,780円(ドコモ)
Google Pixel 782,500円(直販)
Zenfone 999,800円 (直販)
Xiaomi 12T Pro10,9800円(直販)

これらの機種はより優秀な性能を持ち、単純に処理性能で言えば最も安いGoogle Pixel 7(SoC: Tensor G2)でさえ、arrows N F-51Cの2倍以上。他の2機種(SoC: Snapdragon 8+ Gen 1)はおよそ2.5倍以上の性能を持っており、ゲーム性能では間違いなく歯が立ちません。

また、arrows N F-51Cは「OSアップデート最大3回・セキュリティ更新最大4年」を謳っていましたが、今回の民事再生手続きにより極めて困難なものとなりました。もしもセキュリティ更新がないのであれば、安全性の面から致命的と言えるでしょう。

もちろん画面やカメラといった他のスペックでも、arrows N F-51Cはハイエンド機種には劣ってきます。特にカメラではSnapdragon 695の画像・動画処理性能の低さが足を引っ張るでしょう。

▽お得なのは5月まで!?Google Pixel 7aやXiaomi 12T Pro、iPhone 13が実質24円に

https://pragma-life.jp/sumaho-norikae-20230526/

▽Zenfone 9 実機レビュー

https://pragma-life.jp/zenfone-9-review/

▽Xiaomi 12T Pro 実機レビュー

以上の通り、同価格帯という視点で比較してもarrows N F-51Cはかなり微妙です。環境保護の取り組みよりも前に、先にやるべき事があったのではないか......このスマホについては色々と疑問に思わざるを得ません。

▽Zenfone 9をお得に購入する方法

▽Xiaomi 12T Proをお得に購入する方法

ソース:FCNTITmediaドコモソフトバンクケータイWatch

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

-コラム, スマホ
-