Xiaomi最新情報

シャオミ雷軍CEO、Xiaomi Ultraシリーズの日本投入を検討。ライカはどうなる?

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

シャオミの雷軍(Lei Jun)が、Xiaomi Ultraシリーズの日本投入について検討することを示唆しました。

実現すれば、シャオミ最高クラスのフラッグシップモデルが日本に投入されることになります。

Ultraシリーズの日本発売を検討

X(旧Twitter)にて、雷軍CEOはユーザーの「Ultraシリーズを日本で発売して欲しい」という要望に対し、「チームと話し合う」と返答しました。

これまで、日本市場におけるシャオミのハイエンドシリーズは、廉価ハイエンドであるXiaomi Tシリーズが発売されるに留まっていました。

仮に次期プレミアム・フラッグシップ「Xiaomi 14 Ultra(仮称)」が日本に投入されるなら、熱心なシャオミファンや、高いカメラ性能を求めるユーザーには朗報と言えるでしょう。

日本で「ライカ」版が発売できるのか

一方、Xiaomi Ultraシリーズが日本で発売される場合、「Leica(ライカ)」印がどうなるのかという一抹の不安も。

ライカ監修のスマホは、一つの地域で一社のみしか展開できないということになっているらしく、日本では既にシャープがライカと提携。今年はライカ・ズミクロンレンズを備えた「AQUOS R8 pro」を発売しています。

つまり、ライカ監修の1地域1社が事実なら、日本でXiaomi Ultraシリーズが発売されてもライカ版ではない可能性が考えられます。

実際、グローバル市場においてライカ印となっているXiaomi 13Tシリーズは、日本では非ライカ版で発売されており、カメラアプリなどからライカと名の付く機能が省かれています。

▽Xiaomi 13T Pro 実機レビュー!使って感じた評価。ゲーム・カメラ・バッテリー性能を検証

しかしながら、近年のシャオミのフラッグシップモデルはライカのカラーイメージにより、優れた色表現で高い評価を得ています。また、多彩なカラーフィルターやアートフレームも使うことができます。

こうしたライカ監修による恩恵が省かれるのであれば残念というほかありません。なんとか日本でもライカ監修のシャオミのスマートフォンを......と願うばかりです。

ソース:X

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

1

ワイモバイルオンラインストアの「大決算SALE」は4月1日に終わってしまいましたが、実は端末の価格は大きく変わっておらず、まだまだお得です。 そこで今回は、ワイモバイルでお得に購入できる人気スマホ「O ...

2

格安SIM大手「IIJmio」にて、スマホがお得に買える「シェアNo.1記念キャンペーン」が6/3まで延長されたので、ご紹介します。 MNPでスマホが税込110円〜と非常にお得な他、SIM料金や通話定 ...

3

ネットで注文できるソフトバンク正規代理店【スマホ乗り換え.com】にて、Xperia 10 Vが返却不要で9,840円で販売されているのでご紹介します。 そのほか、折りたたみスマホのmotorola ...

4

ワイモバイルオンラインストアにて、OPPO Reno9 Aが税込,9800円の特別価格で機種変更できるので、条件や価格情報などをご紹介します。 この記事はこんな人にオススメ! ✅OPPO Reno9 ...

-Xiaomi最新情報
-,