クーポン・セール情報

【最新】Xiaomi 13T / 13T Proをお得に購入するセール・キャンペーンまとめ。最安値は実質24円

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

この記事では、シャオミのハイエンドスマホ「Xiaomi 13T」「Xiaomi 13T Pro」をお得に購入する方法をまとめています。

通常価格は、Xiaomi 13Tが税込65,000円、Xiaomi 13T Proが税込94,320円からとなっていますが、実は回線と同時契約することでお得に購入することも可能です。

やずX
やずXです。X(Twitter)でも情報発信しているので、よろしければフォローお願いします!

※記事の内容は最終更新時のものです。途中で内容が変更されたり誤記の可能性もあるので、必ずリンク先の各公式サイトで正しい情報を確認してください。

Xiaomi 13Tシリーズの販路と価格

販路と通常価格

Xiaomi 13TおよびXiaomi 13T Proの各販路と価格(税込)を以下にまとめました。

Xiaomi 13TXiaomi 13T Pro
オープンマーケット109,800円
ソフトバンク94,320円
au65,000円
UQモバイル65,000円

Xiaomi 13T Proは、キャリアではソフトバンクが取り扱いますが、オープンマーケット版(公開市場版)も販売されます。一方、Xiaomi 13Tはオープンマーケット版が無く、KDDIグループ(au / UQモバイル)の専売です。

また、au / UQモバイル、ソフトバンクでは以下の割引やキャンペーンがあります。

Xiaomi 13Tの割引・キャンペーン

割引・キャンペーン
au・Online Shop お得割(新規):-11,000円
・Online Shop お得割(乗換):-22,000円
・スマホトクするプログラム

実質負担額7,900円~18,900円
UQモバイル・オンラインショップ おトク割(新規)
-5,500円または11,000円
・オンラインショップ おトク割(乗換)
-22,000円または16,500円
※割引額はプランやオプションによって異なる

au / UQモバイルともに割引を利用すれば、最安で税込43,000円となり手の届きやすい価格に。また、auでは「スマホトクするプログラム」を利用して25カ月目までに端末を返却すると、実質負担額が7,900円~18,900円となります。

なお、急速充電対応の「Xiaomi 67W ターボチャージ対応急速充電器・ケーブルセット」は別売りなので、ご注意ください。

Xiaomi 13T Proの割引・キャンペーン

割引・キャンペーン
ソフトバンク
通常:税込94,320円
新規(5~22歳) / MNPで2年返却:実質24円
mineo(マイネオ)
(オープンマーケット版)
通常:税込101,376円
IIJmio
(オープンマーケット版)
通常:税込98,820円
MNP:税込73,800円
(24回払い可能)

※MNP:電話番号をそのままに回線契約を他社から乗り換えること

Xiaomi 13T Proは、オープンマーケット版、ソフトバンク版ともに120Wの急速充電器とケーブルが付属します。

ソフトバンクでは、新規(5~22歳) / MNPで21,984円の割り引き。さらに2年返却による72,312円(3,013円/月×24回)支払い免除により、実質負担額が24円になります。

オープンマーケット版については、格安SIM大手のIIJmioが特別価格で販売。2年で返却せずそのまま使いたいならこちらのほうが良いでしょう。

特にお得なのはIIJmioで、しかも音声SIM 440円割引×6ヶ月通話定額410円割引×6ヶ月など(6月3日まで)のキャンペーンを実施中。2GBプランと5分通話定額を合わせても、6ヶ月間は月額500円(税込)と非常にお得に使えます。

mineo(マイネオ)との場合は、20GBプラン(通常:2,178円/月)が最大6ヶ月間990円/月になるキャンペーンを実施中です。

※IIJmioのキャンペーンの割引・データ増量は音声eSIMも対象

各社初期費用&SIMカード最低月額

各社の初期費用&SIMカード最低月額は以下の通りです。

初期費用(税込)SIMカード月額(税込)
mineo(マイネオ)初期手数料
3,300円
SIMカード発行料
440円
1GB/月:1,298円
(6か月は990円)
IIJmio初期手数料
3,300円
SIMカード発行料
D回線:433.4円

or A回線:446.6円
2GB/月:850円
(6か月は410円)
UQモバイル事務手数料
3,850円
1GB/月:990円~
(トクトクプラン。自宅セット割+au PAYカード支払時)
ソフトバンク初期手数料
3,300円
※ワイモバイル/LINEMO
からMNPは無料
スマホデビュープラン4GB:2,276円~
(1年おトク割で1年間は1,078円~

※IIJmioについて:1つのIDでいずれかの端末で1回のみ限定特価。また、過去1年以内に「MNP回線と対象端末をセット申込で特別価格(キャンペーン含む)」が適用された方は、本キャンペーンの特別価格は適用されません。

各社の特徴

UQモバイルの特徴:トクトクプランならお得感あり

UQモバイルはauのサブブランド。月20GB程度使う方なら、税込3,278円/月で10分かけ放題も付いてくるトクトクプランがお得です。

ポイント

20GB程度使うならコミコミプランがお得
→税込3,278円/月で、一回10分のかけ放題付き

その他のプランの料金体系は複雑
→自宅セット割+au PAYカードで支払いでないと高い

コミコミ以外は家族セット割あり(△550円/月)

余ったデータ量は翌月繰り越し可能

通話定額・データ容量増量オプションあり

auの高速回線が使える

その他の料金プラン(コミコミ、ミニミニ)は通常価格だと割高で、自宅セット割やau PAYカードで支払うことで安くなります。詳細は公式サイトにてご確認ください。

\端末購入はコチラ!/

mineo:20GBプランも6ヶ月間990円で利用可能

mineo(マイネオ)

格安SIM大手のmineo(マイネオ)は2024年2月1日(木)からお得なキャンペーンを実施。主な内容は以下の通りです。

ポイント

・マイピタまるっと990円キャンペーン
マイピタ デュアルタイプ(音声通話+データ通信)を新規申込で月額料金が最大6カ月間990円

・パスケット110円割引キャンペーン
余ったパケットを貯めることができる「パスケット」オプションに申し込むと月額料金110円が最大6ヶ月間無料

「マイピタまるっと990円キャンペーン」および「パスケット110円割引キャンペーン」は2024年6月3日(月)まで。

\お得なキャンペーン中!/

mineo(マイネオ)

IIJmio:お得すぎるキャンペーン中!

IIJmioを提供する「インターネットイニシアティブ」は、MM総研の国内MVNO市場調査(リンク)によれば、2023年9月末時点でシェア第一位

※MVNO:ドコモ、au、ソフトバンク等のMNOから回線を借りて提供する事業者のこと

その武器は圧倒的なコスパです。例えば、2GBプランが税込850円、10GBプランでも税込1,500円とかなり安く、毎月の固定費用を抑えることができます。

ポイント

2~20GB対象:音声SIM 440円割引×6ヶ月(6月3日まで)
※音声eSIMも含む

30~50GB対象:音声SIM 5GB増量&半額×3ヶ月(6月3日まで)
※音声eSIMも含む

通話定額410円割引×6ヶ月(6月3日まで)

5Gオプションが追加料金なしで使える

プランは税込850円/月(2GB)~と格安

通話定額オプションあり(5分 or 10分 or かけ放題)

余ったデータ量は翌月繰り越し可能

機能やデータ量が違っても家族でデータシェア可能

ドコモ、au回線を選べる。eSIMも対応
※eSIMはドコモ回線のみ

ワイモバイルやUQモバイルは、家族で契約していても1回線目は家族割が適用されなかったりしますが、IIJmioは1回線目もそれ以降も全部安くシンプルな料金体系。更に5Gも無料で利用でき、MNP転出料・契約解除料もなしとなっています。

\端末購入はコチラ!/

IIJmioで端末を購入する

Xiaomi 13T / 13T Proの主な特徴と違い

両機種の主な違いは、SoCと充電性能などです。

SoC、パフォーマンス

Xiaomi 13T Pro および Xiaomi 13Tはどちらもメディアテック製のハイパフォーマンスチップを搭載。

上位機種となるXiaomi 13T Proは「Dimenstiy 9200+」で、Xiaomi 13Tは「Dimenstiy 8200-Ultra」を採用しており、どちらも5000mm² の大型VC液冷も搭載しています。

OSはAndroid 13ベースの「MIUI 14」をプリインストールしています。

容量は、Xiaomi 13Tが8GBメモリ+256GBストレージ、Xiaomi 13T Proが12GBメモリ+256GBストレージとなっています。販路による構成の違いはありません。

バッテリー、充電

バッテリー容量はどちらも5000mAhですが、充電出力はXiaomi 13T Proが120W、Xiaomi 13Tが67Wとなっています。

Xiaomi 13T Proについては、19分で満充電。Xiaomi 13Tについては、15分で半分の充電が可能と謳われています。

ディスプレイ

画面は、6.67インチのCrystalRes AMOLEDディスプレイで、最大144Hzと非常に高いリフレッシュレートに対応。解像度も1.5K(2712×1220)と非常に高くなっています。

さらに、ピーク輝度は2600nitsと極めて高く、暗所での画面のちらつきを強力に抑える2880Hz高周波PWM調光も対応。その他、480Hzのタッチサンプリングレート、100% DCI-P3の広色域、12bitカラー(687億色)に対応しています。

カメラ

アウトカメラは、5000万画素のメインカメラ(1/1.28型, f/1.9)に加えて、5000万画素望遠カメラ(f/1.9)、1200万画素超広角カメラ(f/2.2)のトリプル構成です

メインカメラ(24mm)については、ソニー製「IMX 707」センサーを搭載。高透過率の非球面7層レンズや、OIS(光学式手振れ補正)も備えています。

その他、インカメラは2,000万画素(IMX 596)で、メインカメラからサブカメラまでTシリーズ史上最も優れたハードウェア構成となっています。

また、シャオミ独自の撮影アルゴリズム「Xiaomi Imaging Engine」も備えており、高速のスナップと画像処理など優れた撮影体験を提供します。

その他のスペック・寸法など

どちらもデュアルスピーカーを搭載しており、Dolby AtmosやFeliCa(おサイフケータイ)に対応。画面内指紋認証センサーやX軸振動モーターも搭載しています。

防塵防水性能はIP68。2桁の数字は前が防塵、後が防水性能を表しており、一般的なスマートフォンとしては防塵・防水ともに最高レベル。粉塵の侵入が完全に防護され、浸水にも耐えられる仕様となっています。

カラーはメドウグリーン、ブラック、アルパインブルーの3色。アルパインブルーはレザー、その他の2色はガラスの背面パネルを採用しており、高級感ある雰囲気をまとっています。

寸法および重量は以下の通りです。

Xiaomi 13TXiaomi 13T Pro
寸法メドウグリーン、ブラック
162.2mm x 75.7mm x 8.49mm
アルパインブルー
162.2mm x 75.7mm x 8.62mm
重量メドウグリーン、ブラック
197g
アルパインブルー
193g
メドウグリーン、ブラック
206g
アルパインブルー
200g

なお、当ブログではXiaomi 13T Proを実機でレビューしているので、是非ご覧ください。

▽Xiaomi 13T Pro 実機レビュー!使って感じた評価。ゲーム・カメラ・バッテリー性能を検証

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

-クーポン・セール情報
-, , , , ,