Xiaomi最新情報

POCO F6が認証通過で正式発表近づく!認証情報からスペックも一部判明

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

シャオミの新型スマートフォン「POCO F6(仮称)」がインドで認証を通過し、発売が間近に迫っているようです。

海外メディア「91 Mobiles」が伝えています。

認証情報からメモリ・ストレージ規格が判明

POCO F6は、4月10日に中国で発表された「Redmi Turbo 3」のリブランドモデルとして、グローバルおよびインド市場で発売されると噂されています。

91 Mobilesによれば、このほどPOCO F6と見られるモデルがBIS(インド標準規格)認証を通過したとのこと。事実であれば、POCO F6の正式発表が間近に迫っていることを示唆しています。

また同メディアは、この認証情報からLPDDR5XメモリおよびUFS 4.0ストレージに対応していることが判明したといいます。LPDDR5XとUFS 4.0は、いずれも高速の読み書き性能を持つ規格です。

そのほか、同メディアはメインカメラのセンサーがソニー製「IMX 920」と付け加えていますが、こちらはBIS認証から判明したものではなく根拠不明です。

これまでの情報や噂では、Redmi Turbo 3と同じくソニー製「IMX 882(LYT-600)」を搭載していることが伝えられており、今回の情報はこれと矛盾するものです。話半分に聞いておく程度にした方が良いでしょう。

POCO F6は、早ければ来月にもグローバルおよびインド市場で正式発表されるものと思われます。POCO F6のベースモデルと考えられるRedmi Turbo 3の主な特徴は以下をご覧ください。

Redmi Turbo 3の主な特徴

Redmi Turbo 3は、ミドルレンジモデルの位置付けながら、非常に高いスペックを備えたスマートフォンです。

最新のハイエンドチップ「Snapdragon 8s Gen 3」を搭載しており、高度なAIと組み合わせて高いゲーム性能を発揮できるようです。また最新の「Xiaomi HyperOS」を搭載しています。

ディスプレイは6.67インチの1.5K有機ELディスプレイで、120Hzの高リフレッシュレートや2400nitの高ピーク輝度に対応しています。

背面にはデュアルカメラを搭載しており、メインカメラはソニー製の5000万画素「LYT-600」。もう一つのカメラは800万画素の超広角カメラで、正面のカメラは2000万画素となっています。

バッテリーは5000mAhで90W有線急速充電に対応。その他、ステレオスピーカーを搭載し、 IP54防塵防水に対応しています。

厚さは7.8mm、重量は179gに抑えられており、ハイスペックにもかかわらず薄型軽量の設計。価格は1999元からです。

Redmi Turbo 3のより詳しい特徴やスペック、価格情報などは以下の記事をご覧ください。

▽Redmi Turbo 3 スペック・価格まとめ。Snapdragon 8s Gen 3搭載の超コスパマシン!ハンドジェスチャー操作などAI機能にも対応

ソース:91 Mobiles (1) (2)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所の研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

1

楽天モバイルにMNP(電話番号そのままで乗換)すると、14,000ポイントがプレゼントされるキャンペーンが実施中です。 また、iPhoneを20,000円引きで購入できるキャンペーンも実施中で、上記の ...

2

格安SIM大手「IIJmio」にて、スマホがお得に買える「シェアNo.1記念キャンペーン」が開催中ですが、5/1より一部価格が変更されたので改めてご紹介します。 MNPでスマホが税込110円〜と非常に ...

3

格安SIM大手IIJmioが開催する「Xiaomi新機種発売記念キャンペーン」にて、新型スマホ「Redmi Note 13 Pro+ 5G」と「Xiaomi 14 Ultra」がお得に購入できるのでご ...

4

ネットで注文できるソフトバンク正規代理店【スマホ乗り換え.com】にて、Xperia 10 Vが返却不要で9,840円となっているのでご紹介します。 他にも、Xiaomi 13T Proが実質24円( ...

-Xiaomi最新情報
-,