Xiaomi最新情報

【速報】Redmi Note 13 Pro+ 5G 間もなく日本発売か。型番がGoogle Play対応端末リストに追加される

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

日本発売が噂されていたシャオミのスマートフォン「Redmi Note 13 Pro+ 5G」の正式発表が間近に迫っているようです。

本機はIMEIで日本向けと見られる型番が発見されており、日本発売が噂されていました。

Google Play 対応端末リストに日本向け型番が追加

Redmi Note 13 Pro+ 5Gは、今年1月にグローバル発表されたミドルレンジモデルで、2億画素カメラやDimensity 7200-Ultraチップを搭載。120W急速充電やIP68防塵防水にも対応しています。

Redmi Note 13 Pro+ 5G(グローバル版)

本機は日本向けのキャリアフリー(SIMフリー)版と見られる型番「24040RA98R」がIMEIデータベースで発見されています。

▽【超朗報】Redmi Note 13 Pro+が2024年に日本発売か。発売は4月頃?

シャオミの型番規則では、FeliCa対応など日本向けに独自の改修が加えられたキャリアフリー版モデルは、型番の末尾が「R(リーベン:中国語で「日本」)」となるため、この型番が日本向けであることはほぼ間違いないでしょう。

そして、このほど同様の型番がGoogle Play 対応端末リストに加えられていることが判明。同リストに登録されたということは、本機の発売が間近に迫っていることを示唆しています。

また、おおよその発売時期を示す型番の最初の4桁の数字が「2404(=2024年4月)」となっていることからも、4月頃に正式発表される可能性は高いと考えられます。

Redmi Note 13 Pro+ 5Gは、比較的高めのスペックを持ちながらリーズナブルな価格設定の製品となっています。仮に日本で発売されたなら、Google Pixel 7aやAQUOS sense8などの強力なライバル機となることでしょう。

Redmi Note 13 Pro+ 5Gの主な特徴は以下をご覧ください。

Redmi Note 13 Pro+ 5Gの主な特徴

Redmi Note 13 Pro+ 5Gは、SoCにメディアテック製「Dimensity 7200-Ultra」を搭載するミッドハイレンジのスマートフォンです。

カメラはトリプル構成で、メインカメラにはサムスン製の2億画素センサー「ISOCELL HP3」を搭載。さらに、インセンサーズーム技術により、2倍と4倍のズーム撮影において、非常に高い解像感で撮影が可能です。

ディスプレイは1.5K解像度の6.67インチ有機ELで、サイドがカーブしたエッジスクリーンを採用しています。

バッテリーは5000mAhで、19分で満充電できるという120W急速充電に対応しています。

防塵防水性能はIP68。その他、ステレオスピーカー、IRブラスター、X軸振動モーター等を搭載しています。

当ブログではグローバル版のレビューも公開しているので、是非ご覧ください。

▽Redmi Note 13 Pro+ 5G 実機レビュー!使って感じた評価。ゲーム・カメラ・バッテリー性能を検証

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所の研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

1

楽天モバイルにMNP(電話番号そのままで乗換)すると、14,000ポイントがプレゼントされるキャンペーンが実施中です。 また、iPhoneを20,000円引きで購入できるキャンペーンも実施中で、上記の ...

2

格安SIM大手「IIJmio」にて、スマホがお得に買える「シェアNo.1記念キャンペーン」が開催中ですが、5/1より一部価格が変更されたので改めてご紹介します。 MNPでスマホが税込110円〜と非常に ...

3

格安SIM大手IIJmioが開催する「Xiaomi新機種発売記念キャンペーン」にて、新型スマホ「Redmi Note 13 Pro+ 5G」と「Xiaomi 14 Ultra」がお得に購入できるのでご ...

4

ネットで注文できるソフトバンク正規代理店【スマホ乗り換え.com】にて、Xperia 10 Vが返却不要で9,840円となっているのでご紹介します。 他にも、Xiaomi 13T Proが実質24円( ...

-Xiaomi最新情報
-,