Xiaomi最新情報 スマホ

Xiaomi 14 Ultra スペック・価格まとめ!まさに最強カメラスマホ。マクロから超遠距離まで高精細な撮影が可能に

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

2024年2月22日、シャオミは新型フラッグシップ・スマートフォン「Xiaomi 14 Ultra」を中国で発表しました。

以下、Xiaomi 14 Ultraの主な特徴やスペック、価格等をまとめています。

Xiaomi 14 Ultraの特徴

Xiaomi 14 Ultraは、強力なカメラ性能を備えたプレミアム・フラッグシップモデルです。

カメラ

背面のカメラはライカと共同開発した「Summilux(ズミルックス)レンズ」を採用したクアッドカメラ(メイン+3.2倍望遠+5倍望遠+超広角)。

f/1.63のメインカメラを筆頭に、f/1.8の3.2倍望遠および超広角、f/2.5のペリスコープ5倍望遠カメラといずれも非常に明るいレンズとなっており、しかも歪みが少ないと謳います。

さらに、Xiaomi 14 Ultraのためにコンピュテーショナル・フォトグラフィー・プラットフォーム「Xiaomi AISP」を開発。統合されたISPとAIにより高速かつ美しい画像処理が可能で、150枚連写してもフレーム落ちせず、16bit RAWの撮影にも対応しているとのこと。

メインカメラにはソニー製の新たな1型5,000万画素センサー「LYT-900」を採用。感光性能は「iPhone 15 Pro Max」の205%にもおよび、非常に優れたダイナミックレンジを持つといいます。また、絞り機構も備え、f/1.63-f/4.0の間で調整が可能です。

望遠カメラは3.2倍(75mm)と5倍(120mm)のデュアル望遠カメラシステムを搭載し、どちらもiPhone 15 Pro Maxを圧倒する感光性能を持つとのこと。さらに、どちらもマクロ撮影に対応しており、30倍以上の高倍率でAIを用いた高精細ズームも使用可能といいます。

なお、超広角カメラおよび望遠カメラは全てXiaomi 13 Ultraから引き続きソニー製の1/2.51型5,000万画素センサー「IMX 858」が採用されており、カメラごとの写りの違いは最小限に抑えられています。

その他、Xiaomi 13 Ultraで好評だったストリートモードのUIを刷新し、より使いやすくなったとのこと。23mm / 35mm / 50mm / 75mmのポートレートモードにも対応しています。

動画では、すべてのカメラで最大8Kの動画撮影が可能で、メインカメラは4K / 120fpsの撮影が可能です。また、Type-Cの直接充電が可能になった新たなプロカメラキットも発売されます。

その他、多数の作例が公開されています。優れたダイナミックレンジや高倍率時の高い解像感などが分かります。

なお、インカメラは3,200万画素(f/2.0)となっています。

パフォーマンス

SoCは、Xiaomi 14およびXiaomi 14 Proと同じく「Snapdragon 8 Gen 3」を搭載しています。

冷却では、強力な二重リング型冷却ポンプシステムを採用し、従来のVC(ベイパーチャンバー)の3倍の冷却性能を持つとのこと。これにより、高負荷のシーンでも安定したパフォーマンスを発揮することが期待されます。

ディスプレイ

ディスプレイは6.73インチで2K解像度に対応。特徴的なのは4辺がわずかにカーブした形状で、フラットスクリーンとエッジスクリーンの長所を融合したものと謳われています。

その他、3000nitのピーク輝度やリフレッシュレート1-120HzのLTPO技術に対応し、522PPIの高精細表示、12bit(687億色)の色表現が可能。DC調光と1920HzのPWM調光にも対応しています。

ベゼルも1.8mm-2.08mmといずれも極細。また、超高強度の保護ガラスが採用されています。

バッテリー・充電

バッテリー容量は5,300mAhと大きく、前述のカメラキットも合わせれば6,800mAhの超大容量に。充電性能も隙が無く、90W有線急速充電、80Wワイヤレス急速充電、10W逆ワイヤレス充電に対応し、1600回充電しても80%以上の容量を維持できるとのことです。

なお、80W充電には専用の充電スタンドが必要です。

その他のスペック・寸法・価格など

その他、IP68防塵防水双方向衛星通信に対応し、非常に高速な通信性能を発揮できるとのこと。

バリエーションは、ヴィーガンレザー版がブラック、ホワイトの2色。さらにブルーのセラミック版や、チタンを使ったスペシャルエディションもあります。

信頼性の高い新ボディ構造を採用しており、寸法は縦幅161.4mm、横幅75.3mm、厚さ9.2mm。重量はヴィーガンレザー版が224.4g、セラミック版が229.5g、チタン版が229.6gです。こうしたモデルとしては比較的コンパクトにまとまっています。

価格は、12GBメモリ+256GBストレージモデルで6499元(約13.8万円)から。中国では通常版が2月27日、チタン版が3月12日に発売予定です。

また、2月25日にはグローバルでも発表予定ですが、この記事の公開時点でグローバル版の価格は明らかになっていません。

Xiaomi 14 Ultraのスペック

Xiaomi 14 Ultraのスペックは以下の通りです。

 Xiaomi 14 Ultra
OSXiaomi HyperOS
SoCSnapdragon 8 Gen 3
メモリ12GB/16GB, LPDDR5X
容量256GB/512GB/1TB, UFS 4.0
画面6.73" AMOLED
2K (3200×1440) , LTPO
リフレッシュレート: 120Hz
瞬間タッチレート: 2160Hz
ピーク輝度: 3000nit
1920Hz PWM調光

12bit, DCI-P3, HDR10+
Dolby Vision
アウトカメラメイン:5000万画素
3.2x望遠:5000万画素
5x望遠:5000万画素
超広角:5000万画素
インカメラ3200万画素
電池5300mAh
充電90W有線急速充電
80Wワイヤレス充電
10Qリバース充電
音響ステレオスピーカー
Hi-Res, Dolby Atmos
防塵防水IP68
5G 5G:n1 / n3 / n5 / n7 / n8 / n28a / n38 / n40 /
n41 / n48 / n66 / n77 / n78 / n79
4GFDD-LTE:B1 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B26 / B28a / B66
TDD-LTE:B34 / B38 / B39 / B40 / B41 / B42 / B48
寸法161.4×75.3×9.2mm,
レザー224.4g  / セラミック229g / チタン229.6g
本体色黑, 白, 龙晶蓝, チタン
その他WiFi 7, Bluetooth 5.4, USB 3.2 Gen2,
双方向衛星通信, X 軸リニアモーター
 価格12GB+256GB: 6499元
16GB+512GB: 6999元
16GB+1TB: 7799元
チタン (16GB+1TB): 8799元

ソース:Xiaomi

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

1

ワイモバイルオンラインストアの「大決算SALE」は4月1日に終わってしまいましたが、実は端末の価格は大きく変わっておらず、まだまだお得です。 そこで今回は、ワイモバイルでお得に購入できる人気スマホ「O ...

2

格安SIM大手「IIJmio」にて、スマホがお得に買える「シェアNo.1記念キャンペーン」が6/3まで延長されたので、ご紹介します。 MNPでスマホが税込110円〜と非常にお得な他、SIM料金や通話定 ...

3

ネットで注文できるソフトバンク正規代理店【スマホ乗り換え.com】にて、Xperia 10 Vが返却不要で9,840円で販売されているのでご紹介します。 そのほか、折りたたみスマホのmotorola ...

4

ワイモバイルオンラインストアにて、OPPO Reno9 Aが税込,9800円の特別価格で機種変更できるので、条件や価格情報などをご紹介します。 この記事はこんな人にオススメ! ✅OPPO Reno9 ...

-Xiaomi最新情報, スマホ
-,