スマホ

【悲報】OPPO Reno9 A、中国版みたいになってしまう。プリインストールアプリが大量

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

当ブログでは、OPPO Japanが先日発売した「OPPO Reno9 A」を購入し、原神の動作検証記事(▷リンク)を公開しています。

実はOPPO Reno9 Aには原神がプリインストール(あらかじめ入っていること)されているのですが、それだけではなく多数のプリインストールアプリがあります。その内容がまるで中国版のOPPOのスマホのようだと話題になっています。詳細は以下から。

プリインストールアプリが大量

以下は筆者のOPPO Reno9 A(メーカー版)の初回起動時のスクリーンショットです。

①の画像では「App Market(アプリストア)」「Internet(ブラウザ)」というOPPO独自アプリ、②の画像では「原神」、③の画像では人気のSNSや動画アプリ、おサイフケータイといったアプリに加えて、「Block Pazzle」「キャンディークラッシュ」等のミニゲームアプリが確認できます。

 

こうした複数のプリインストールアプリはOPPOの中国版(大陸版)では当たり前のものです。しかし、これまで日本限定のOPPO Reno Aシリーズにはあまり無かったものが多く含まれており、ユーザーの間で動揺が広がっているようです。

特にアプリストアやブラウザについては一般的な「Playストア」「Chrome」もプリインストールされており、似たようなアプリが二つずつあることに。海外版OPPOを使ったことがあるごく一部のユーザーであれば問題なさそうですが、今まで日本版のOPPOを使ってきた方や、初めてOPPOを使う方は混乱しそうです。

App MarketとInternetアプリは削除できない

なお、App Marketアプリについては中国版のものとはかなり勝手は違うようで、実態はよく使われるアプリのPlayストアへのリンクをまとめただけのものでした。

 

また、Internetアプリも何の変哲もないブラウザであり、Chromeと好きな方を選べばよいでしょう。

ただし、アンインストールはできないようになっているので、気になるようならアプリ情報から無効化しましょう、これはApp Marketも同様ですが、その他のサードパーティ製アプリはアンインストールができるようになっています。

OPPO Reno9 Aで多くのプリインストールアプリが追加された理由はよく分かりません。この機種限定なのか、それとも今後のOPPO端末はすべてそうなるのか、あるいは新OSの「ColorOS 13」の仕様かもしれません。いずれにせよプリインストールが多いことを嫌うユーザーにとっては、好ましくない変更と言えるでしょう。

なお、ワイモバイル版はプリインストールアプリが異なる可能性があるので、購入された方からの情報提供をお待ちしています。

▽OPPO Reno9 Aで「原神」動作チェック!意外な結果に驚き

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所の研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

1

楽天モバイルにMNP(電話番号そのままで乗換)すると、14,000ポイントがプレゼントされるキャンペーンが実施中です。 また、iPhoneを20,000円引きで購入できるキャンペーンも実施中で、上記の ...

2

格安SIM大手「IIJmio」にて、スマホがお得に買えるサマーキャンペーン【スマホ大特価セール】が始まったのでご紹介します。 MNPでスマホが最大54,000円(税込)引きの他、SIM料金や通話定額オ ...

3

格安SIM大手IIJmioが開催する「Xiaomi新機種発売記念キャンペーン」にて、新型スマホ「Redmi Note 13 Pro+ 5G」と「Xiaomi 14 Ultra」がお得に購入できるのでご ...

4

Google純正の人気スマホ「Google Pixel 8a」をお得に購入する方法をまとめています。 Google Pixel 8aはGoogleストアで税込72,600円となっていますが、実はSIM ...

-スマホ
-