クーポン・セール情報

【最新】OPPO A79 5Gをお得に購入するキャンペーン・セールまとめ!最安値はワイモバイル

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

この記事では、OPPOの5Gスマートフォン「OPPO A79 5G」をお得に購入する方法をまとめています。

公式ストアでメーカー版の価格は税込29,800円となっていますが、実は格安SIMと同時契約することでお得に購入することが可能です。

やずX
やずXです。X(旧Twitter)でも情報発信しているので、よろしければフォローお願いします!

※記事の内容は最終更新時のものです。途中で内容が変更されたり誤記の可能性もあるので、必ずリンク先の各公式サイトで正しい情報を確認してください。

OPPO A79 5G お得情報まとめ表

SIMカードとの同時契約で「OPPO A79 5G」をお得に購入できるのは楽天モバイルワイモバイルのほか、IIJmio等。各社の販売額は以下の通りです(予約・発売日は各ページで確認してください)。

購入先価格(税込)
ワイモバイル
(新規)
通常:21,996円
シンプル2 S加入で
17,316円
シンプル2 M/L加入で
13,400円

新どこでももらえる特典
PayPay最大6,000円相当付与
ワイモバイル
(MNP)
通常:21,996円
シンプル2 S加入で
7,596円
シンプル2 M/L加入で
3,980円

新どこでももらえる特典
PayPay最大6,000円相当付与
IIJmio新規:26,800円
MNP:14,800円
(24回払い可能)
楽天モバイル通常:33,800円
楽天モバイルへ初めてお申し込み
&他社から乗り換えで
13,000ポイント還元

実質 20,800円
(下取りで更に安く!)

(24 or 48回払い可能)
メーカー版29,800円
(公式ストア)

※MNP:電話番号をそのままに回線契約を他社から乗り換えること

まとめると最もお得なのが、新規契約やMNPで大幅値引きとなるワイモバイルです。

さらに申込前にエントリーすることで、最大6,000円相当のPayPayがもらえる新どこでももらえる特典も実施中です。条件など詳細はキャンペーンページ(▷新どこでももらえる特典でご確認ください。

※新どこでももらえる特典の適用条件の概要はコチラにも記載しています。

その他、MNPで安くなるIIJmioもお得です。こちらはSIMカードの月額が安いことが魅力で、音声SIM 440円割引×6ヶ月通話定額410円割引×6ヶ月(2月29日まで)のキャンペーンを実施中。2GBプランと5分通話定額を合わせても、6ヶ月間は月額500円(税込)と非常にお得に使えます。

※キャンペーンの割引・データ増量は音声eSIMも対象

楽天モバイルは色々な割り引きを組み合わせても、IIJmioワイモバイルほどお得ではありません。

各社初期費用&SIMカード最低月額

初期費用(税込)SIMカード月額(税込)
ワイモバイル
初期手数料
オンラインストアは無料
4GB/月:2,365円
割引適用で
4GB/月:1,078円

IIJmio初期手数料
3,300円
SIMカード発行料
D回線:433.4円
or A回線:446.6円
2GB/月:850円
(6か月は440円)
楽天モバイル無料3段階制
3GBまで/月:1,078円
20GBまで/月:2,178円
上記以上/月:3,278円

ワイモバイルについて注意:割引は「PayPayカード割+家族割(2回戦目以降適用)」または「PayPayカード割+おうち割 光セット(A)」適用時

※IIJmioについて:1つのIDでいずれかの端末で1回のみ限定特価。また、過去1年以内に「MNP回線と対象端末をセット申込で特別価格(キャンペーン含む)」が適用された方は、本キャンペーンの特別価格は適用されません。

格安SIM 各社の特徴

ワイモバイル:店舗でのサポートあり!家族割で2回線目以降は安い

ポイント

割引適用で4GB/月:税込1,078円~

新規契約・MNP契約に加え機種変更も割引対象

オンラインストアは事務手数料&配送料無料

ソフトバンクのサブブランドなので回線は安定して速い

店舗でのサポートあり  

※割引は「PayPayカード割+家族割(2回戦目以降適用)」または「PayPayカード割+おうち割 光セット(A)」適用時

※ソフトバンク・LINEMOからのMNPについては割引対象外なので注意

さらに申込前にエントリーすることで、最大6,000円相当のPayPayがもらえる新どこでももらえる特典も実施中です。

適用条件の概要は以下の通りですが、より詳しい内容が気になる方はキャンペーンページ(▷新どこでももらえる特典でご確認ください。

新どこでももらえる特典の注意

※新規・のりかえ・番号移行・シンプル2 S/M/Lへの変更が対象。シンプル2 S/M/L内のプラン変更と機種変更(指定プランからのプラン変更を伴う場合は除く)は対象外。

※クレジットカードでの支払いは対象外。ただし、PayPayアプリを介したPayPayカード、ヤフーカードでの支払いは対象。

※シンプル2 Sは500円相当。シンプル2 M/Lは3,000円相当 or 6,000円相当。後日PayPayポイントを付与。

※ PayPayポイントは出金と譲渡はできません。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可能。

なお、ワイモバイル版OPPO Reno9 Aについては以下の注意点もご確認ください。

ワイモバイルの注意ポイント

・ワイモバイル版のみシングルSIMスロット(nanoSIM+microSD)

・ワイモバイル版のみケース付属無し

やずX
ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドなので、安定して速い回線。また各地の店舗でのサポートも有るので安心です。そこで非常に安く買えるのならとってもお得ですね!

\購入はコチラ!/

ワイモバイルで購入

IIJmio:お得すぎるキャンペーン中!

IIJmioを提供する「インターネットイニシアティブ」は、MM総研の国内MVNO市場調査(リンク)によれば、2023年9月末時点でシェア第一位

※MVNO:ドコモ、au、ソフトバンク等のMNOから回線を借りて提供する事業者のこと

その武器は圧倒的なコスパです。例えば、2GBプランが税込850円、10GBプランでも税込1,500円とかなり安く、毎月の固定費用を抑えることができます。

ポイント

音声SIM(音声eSIM含む)440円割引×6ヶ月(2月29日まで)

通話定額410円割引×6ヶ月(2月29日まで)

5Gオプションが追加料金なしで使える

プランは税込850円/月(2GB)~と格安

通話定額オプションあり(5分 or 10分 or かけ放題)

余ったデータ量は翌月繰り越し可能

機能やデータ量が違っても家族でデータシェア可能

ドコモ、au回線を選べる。eSIMも対応
※eSIMはドコモ回線のみ

ワイモバイルやUQモバイルは、家族で契約していても1回線目は家族割が適用されなかったりしますが、IIJmioは1回線目もそれ以降も全部安くシンプルな料金体系。更に5Gも無料で利用でき、MNP転出料・契約解除料もなしとなっています。

\端末購入はコチラ!/

IIJmioで端末を購入する

楽天モバイル:どれだけ使っても3,278円まで



楽天モバイルは、どれだけ使っても基本月額が3,278円(税込)と、たくさんデータ通信を使用する方には嬉しい価格設定。その他の特徴は以下の通りです。

ポイント

契約初期費用も解約料も0円

月額は3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、どれだけ使っても3,278円の三段階制

専用アプリ「Rakuten Link」で通話料0円(一部番号除く)

eSIMが使える

5Gも使える(対応エリア限定)

専用アプリで通話料が基本無料、また契約初期費用が無料になっていることも嬉しいポイントです。

\3GBなら税込1,078円/月より!/

楽天モバイル

OPPO A79 5Gの主な特徴

デザイン

OPPO A79 5Gは、エントリーながら洗練されたデザインのスリムボディが特徴のスマートフォンです。

本体色はグローグリーン、ミステリーブラックの2種類。厚みは約8mmと薄く、重量は約193gです。

パフォーマンス

SoCにはメディアテック製「Dimensity 6020」を搭載。これはDimensity 700(メディアテックの5G対応SoCの最廉価品)のリネーム版で、AnTuTuベントマーク(Ver.10)では約36万程度の性能が期待されます。

スペックがほぼ同じのライバル機種「Redmi 12 5G」は「Snapdragon 4 Gen 2」を搭載しており、同ベンチマークにおいて約45万点。単純にスコアで比較するとA79 5Gは劣っています。

▽Redmi 12 5G 実機レビュー!使って感じた評価とQ&A。オススメできる or できない人は?

メモリは4GBのLPDDR4Xでmストレージは128GBのUFS 2.2。RAM拡張機能が使えるので、ストレージを転用して実質8GBまでメモリを増やせますが、性能がショボいUFS2.2であることを考えると、あまり速い動作に期待しない方が良いでしょう。

その他、最大1TBのmicroSDに対応しており、OSはAndroid 13ベースの「ColorOS 12」です。

ディスプレイ

画面は6.7インチの液晶ディスプレイを採用しており、解像度はFHD+(2400 x 1080)。最大90Hzのリフレッシュレートにも対応しています。

その他、最大180Hzのタッチサンプリングレート、最大680nitsのピーク輝度に対応。

前述の「Redmi 12 5G」は最大240Hzのタッチサンプリングレート、最大550nitsのピーク輝度となっているため、明るさの面ではA79 5Gが優位と思われます。

カメラ

アウトカメラは、5,000万画素のメインカメラと200万画素の深度センサーのデュアル仕様。深度センサーは撮影に使えないので実質的にはシングルカメラです。

ここははっきりとコストカットされている部分と言えるでしょう。画像処理を行うSoCも最低水準のものなので、画質は期待しない方が良いです。インカメラは800万画素です。

バッテリー・その他のスペック

バッテリーは5,000mAhの大容量で、最大33Wの急速充電に対応。前述の「Redmi 12 5G」は18Wの出力となっているため、この点はA79 5Gが優位です。

ただし充電器は別売り。33Wで充電したい場合は、純正の充電器かPPS対応の充電器を使用しましょう。

その他、FeliCa(おサイフケータイ)や、IP54の防塵防滴(生活防水)、側面指紋認証と顔認証に対応。3.5mmイヤホンジャック、ステレオスピーカーも搭載します。

\購入はコチラ!/

ワイモバイルで購入

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

-クーポン・セール情報
-, , ,