PR スマホ

Nothing Phone (2a) のAnTuTuベンチマークをチェック!4万円台ではかなり高めの処理性能

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

2024年3月に発売された「Nothing Phone (2a) 」をご提供いただいたので早速AnTuTuベンチマークで性能をチェックしてみました。

価格は税込49,800円~(公式ストア)で、比較的高めの性能が魅力のミドルレンジモデルとなっています。

やずX
やずXです。X(旧Twitter)でも情報発信しているので、よろしければフォローお願いします!

【PR】Nothing日本正規代理店より製品をご提供いただき、記事を作成しています。

▽IIJmioで Nothing Phone (2a) がMNP税込24,800円!4月22日10時より販売開始

Nothing Phone (2a) のAnTuTuベンチマークスコア

AnTuTuベンチマーク(Ver10.2.4)で Nothing Phone (2a) の計測を3回連続で行いました。

結果は64万点~68万点台をマーク。2024年4月の時点ではミドルハイ帯のスコアと言ってよいでしょう。

最高でも40℃に留まっており発熱の制御も良好のようです。また、発熱に伴うスコアの低下も最低限に留まっています。

なお、Nothing Phone (2a) は「Dimensity 7200 Pro」という専用チップセットを搭載しており、「motorola razr 40」「Libero Flip」等と近い処理性能を持っています。

Nothing Phone (2a) はこれらの製品よりも安く、通常価格で税込49,800円~。4万円台から購入可能なスマホとしては、かなり高めの処理性能で魅力的な選択肢となるでしょう。

▽IIJmioで Nothing Phone (2a) がMNP税込24,800円!4月22日10時より販売開始

AnTuTuベンチマークの目安表は以下をご覧ください。

AnTuTuベンチマーク 目安表

AnTuTuベンチマーク(Ver.10)で分かる大体の性能目安は以下の通り。参考にしてください。

スコア解説
~30万点超ローエンド。最低限のことができれば良い人向け
~40万点ローエンド。30万点未満よりも動作は快適。ゲーム以外はほぼ困らない
~60万点ミドルレンジ。30万点~40万点よりも快適。軽いゲームも楽しめる
~80万点ミッドハイレンジ。高画質設定でなければ3Dゲームも割と動く
~100万点ハイエンド一歩手前。高画質設定でも3Dゲームが楽しめる機種がある
~150万点ハイエンド。ほとんどの機種が高画質設定で3Dゲームが楽しめる
150万点超え2024年初頭の最強クラス。原神や崩壊:スターレイルも軽々と動く

Nothing Phone (2a) は~約80万点のライン。

オープンマーケット市場で人気の高いミドルレンジスマホ(AQUOS sense8、OPPO Reno9 Aなど)よりも若干性能が高めで、実際に使ってみても動作は快適です。

また、高望みしなければ3Dゲームもちゃんと動作する性能でしょう。原神の動作については以下の記事をご覧ください。

▽Nothing Phone (2a) の「原神」性能をチェック!しっかり調整されたパフォーマンス

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所の研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

-スマホ
-