スマホ

moto g24 レビュー!実際に使った評価。ベンチマーク・カメラ・バッテリー性能を検証

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

モトローラのエントリースマートフォン「moto g24」を購入し、しばらく使ってみたので実機レビューをお届けします。

価格は税込20,800円(モトローラ公式ストア)と安価ながら、90Hz駆動ディスプレイやステレオスピーカーを搭載したモデルとなっています。

やずX
やずX
やずXです。X(旧Twitter)でも情報発信しているので、よろしければフォローお願いします!

moto g24はこんなスマホ

moto g24の主な特徴は以下の通りです。

ポイント

✅7.99mm(最薄部)薄型 / 181g軽量

✅マット背面採用。シンプルで落ち着いたデザイン

✅90Hz駆動のHD+液晶ディスプレイ

✅Dolby Atmos対応ステレオスピーカー

✅5000万画素の高解像度カメラ

✅5000mAh大容量バッテリー

✅Helio G85オクタコアチップ

✅最大16GB大容量メモリ(8GB+RAMブースト8GB)

✅デュアルSIM / microSD / 指紋&顔認証対応

✅IP52防塵防滴 & イヤホンジャック対応

moto g24の価格は税込20,800円(モトローラ公式ストア)です。

安価な製品ながら、ディスプレイは90Hz駆動に対応し、ステレオスピーカーも搭載。カメラも5000万画素と、付加価値の多いモデルとなっています。

▽IIJmio サマーキャンペーン!MNPでスマホが最大54,000円引き & SIMや通話定額も割引

それでは、以下moto g24の実機レビューの詳細をご覧ください。

moto g24を開封!フィルムとケースが付属

まずは、moto g24を開封していきます。

パッケージは薄い段ボールのような箱となっています。ここはエントリーモデルなのでご愛嬌と言ったところでしょうか。

中身は以下の通りです。

中身

✅本体

✅TPUクリアケース

✅SIMピン

✅使用ガイド等書類

超格安モデルということもあり、充電器やフィルムは付属しません。とは言え、ケースが付属するのはありがたいポイントでしょう。

ちなみにケースを着けるとこんな感じ。カメラモジュールの部分のみ若干高い作りで、保護性能は悪くなさそうです。

やずX
やずX
フィルムも貼ればもっと安心ですね!

moto g24の本体をチェック!

本体重量は実測で185g

本体は実測で185gでした。公称(約181g)よりもわずかに重いようです。

とは言え、昨今のスマホは200gを超えることも多いので、軽い部類のスマートフォンです。

なお、付属のケースを含めると205gでした。

やずX
やずX
ケースはTPUなのでグリップ感は良好。これなら長く持っていても疲れにくそうです!

本体細部をチェック!

それでは、本体の細部もチェックしていきましょう。

本体フレームの右側にはボリュームキーと電源ボタン(兼指紋センサー)があります。

本体フレームの左側にはSIM&microSDカードスロット。nanoSIMが2枚とmicroSDカードが1枚入ります。

天面には「Dolby Atmos」ロゴと、イヤホンジャックがあります。

底面にはスピーカー穴と、Type-C充電ポート、マイク穴があります。

さらに画面上部にはもう一つのスピーカー穴があり、ステレオサウンドを楽しむことができます。

なお、FeliCa(おサイフケータイ)には非対応。防水もIP52(防滴)レベルなので、水没やどしゃ降りの雨には注意しましょう。

デザインもチェック。シンプルなデザイン

moto g24のデザインもしっかりチェックしていきましょう。

シンプルで落ち着いたデザインは、万人受けしそうな感じ。マットな背面で指紋も目立ちにくいです。

特徴的なのは、背面パネルと一体化したカメラモジュール。ゆるやかに盛り上がり、二つのカメラ(標準5000万画素、マクロ200万画素)が配置されています。

画面には6.6インチの大画面液晶が採用されています。

ただし、下側のベゼルは結構太め。このへんはコストカットされたポイントでしょうか。

全体的にはフラットな形状のmoto g24ですが、角はわずかに丸みを帯びており持ちやすさを考慮。

筆者の手は小さい方ですが、グリップ感は悪くありません。

▽IIJmio サマーキャンペーン!MNPでスマホが最大54,000円引き & SIMや通話定額も割引

moto g24のディスプレイをチェック

90Hz駆動のHD+液晶ディスプレイ

moto g24は、90Hzの高リフレッシュレートに対応した液晶ディスプレイを搭載しています。

ただし、画質はHD+と最低限の性能で、寄って見ると若干のドット感あり。くっきりとした表現が特徴の有機ELに目が慣れていると、若干ぼやけたように見えるかもしれません。

やずX
やずX
視力が悪い人にはあまり向いていないかも?

とは言え、90Hz駆動でなめらかに動くのはGOODポイントです。

直射日光下でも何とか見える明るさ

また、液晶ながら高輝度モードに対応していることもあり、直射日光下でもギリギリ見える程度の視認性は確保されていました。

やずX
やずX
エントリーモデルながら、最低限の使用体験はしっかり備えている感じですね!

moto g24のベンチマークをチェック

moto g24はSoCに「MediaTek Helio G85」を搭載しています。

その処理性能を測るために、AnTuTuベンチマーク(Ver10.2.7)で計測を行いました。強い負荷への耐性を調べるために3回連続で行っています。

 

結果は24万~27万点台と言う結果に。最低限の処理性能で高負荷の3Dゲームには向いていませんが、ライトユーザーの方(電話やメール、LINEや動画鑑賞などが主な用途)であれば大きな不満は無いでしょう。

実際に使ってみても、以上のような用途であれば極端に動作が重いということもありませんでした。また、RAMブースト機能により最大16GBメモリ(8GB+ブースト8GB)で使えるので、たくさんアプリを開いても問題なさそうです。

以下の記事では、moto g24のAnTuTuベンチマークスコアの詳細についてまとめているので、是非合わせてご覧ください。

▽moto g24のAnTuTuベンチマークをチェック!処理性能に期待はしない方が良いが……

moto g24のカメラ性能をチェック

50MP+2MPのデュアルカメラを搭載

moto g24は最大5000万画素のデュアルカメラを搭載しています。構成は以下の通りです。

カメラ

・標準(広角):5000万画素(f/1.8)

・マクロ:200万画素(f/2.4)

エントリーモデルながら標準カメラは5000万画素センサーを採用。さらにマクロカメラも備えていますが、こちらは200万画素とおまけ的な性能です。

動画については、標準カメラがFHD(30fps)、マクロカメラがHD(30fps)で撮影可能。さらに標準カメラは電子式手振れ補正に対応します。

カメラ総評:欠点はあるが画質は悪くない

moto g24のカメラの総評としては、いくつか欠点はあるものの標準カメラの画質は意外と悪くありません

直射日光下では自然な色味で撮れ、1x(ズームなし)であれば解像感も悪くありません。エントリーモデルでは、画素数は高くても写りはあまり良くないものが多いのですが、moto g24は健闘していると感じます。

また、直射日光のない室内でも悪くない色を出します。料理の写真も美味しそうに撮れました。

一方、ズーム性能は微妙。以下の写真では、風鈴の柄に粗さを感じます。

標準カメラ(2xズーム)

また、マクロカメラの画質は写りが暗く、解像感も標準カメラに劣ります。

マクロカメラ

そして、個人的に気になったのがピント合わせ。画面の任意の位置をタップすると、そこにピントを合わせることができるのですが、「ププッ」という高めの大きい音がなる仕様。マナーモードにしても消えません。

また、2xズームではピントを合わせても合ってないことが多々ありました。

標準カメラ(2xズーム):猫に中々ピントが合わなかった

とは言え、やはり標準カメラの1x(ズームなし)で撮る分には、画質は悪くなく夜景も明るく撮ることができました。

以下、ズーム性能や夜景写真を個別にまとめているのでご覧ください。

ズーム性能は低い

以下、1x(ズームなし)と、2x、3x、4x(最大倍率)それぞれのズームの比較です。

初めに結論をまとめておくと、ズーム性能は低く倍率に応じてそのまま画質が粗くなっていきます

標準カメラ:1x(ズームなし)
標準カメラ:2xズーム
標準カメラ:3xズーム
標準カメラ:4xズーム

また、ズームを使うとHDRの効きが不安定になるようで、4xズームでは激しく白飛びしてしまいました。

さらに、ズーム時に上手くピントが合わないことが多々発生し、以下の2xズームの写真では、手前の猫ではなく奥にピントが当たってしまっています。

標準カメラ:1x(ズームなし)
標準カメラ(2xズーム):猫に中々ピントが合わなかった
やずX
やずX

1x(ズームなし)では問題なくピントが合うのに......。

以上の通り、ズーム性能は全体的に微妙な印象。1x(ズームなし)以外の画質や使い勝手に関しては、それほど期待しない方が良いでしょう。

意外と夜景はキレイ

moto g24はナイトビジョン(夜景モード)に対応。ナイトビジョンは、オート撮影よりも明るくキレイに夜景が撮れました

標準カメラ:オート撮影
標準カメラ:ナイトビジョン

ただし、さらに暗い場所ではピントが迷うことが多くなります。全体的に解像感が低く、ぼやけた印象の写真になりました。

標準カメラ:ナイトビジョン

以上の通り、夜景性能は限定的ながら、ナイトビジョンを使うことで、暗すぎない場所では明るくキレイに撮ることができました。

マクロカメラは暗く画質も粗い

moto g24はマクロカメラも搭載しています。ただし、画質は標準カメラに劣るおまけ的な性能です。

標準カメラ
マクロカメラ

標準カメラよりも寄れるという強みはあるものの、画質についてはそれほ期待しない方が良いでしょう。

やずX
やずX

マクロカメラはズームもできないので、影が映りこみがちです......。

動画性能は最低限

moto g24の標準カメラは,、電子式手振れ補正により、ブレを抑えた動画を撮ることができます。

手振補正あり︰(圧縮しているため画質が低下しています)
手振補正なし(圧縮しているため画質が低下しています)

ただし、電子式手振れ補正を使うと画角が狭くなってしまうことに注意。画質もFHDでフレームレートも30fpsと最低限の性能です。

moto g24のバッテリー・充電性能をチェック

底面にType-C充電ポート

バッテリー持ちは「まあまあ良い」

moto g24は5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

そこで、バッテリー100%・音量100%・輝度60%の状態で、Amazonプライムビデオを標準画質で2時間再生させ、バッテリー持ちの検証を行いました。その他の端末との比較は以下の通りです。

機種1時間後2時間後
moto g2493%85%
OPPO A79 5G91%80%
 Redmi 12 5G93%87%
moto g53j 5G93%85%

以上のテストではバッテリー持ちはまあまあな結果に。また、普段使いでもまあまあな印象で、1日普通に使用して30%~40%程度残っていることがほとんどでした。

特別バッテリー持ちが良い機種という訳ではありませんが、ハードな使い方をしなければ特に問題はないと思います。

充電速度は遅い。2時間で90%近くまで充電

moto g24は最大15W充電に対応しています。

そこで、筆者が使用しているPDおよびQC規格対応の最大65W充電器で充電時間を計測してみます。

実際にバッテリー残1%から100%まで充電にかかった時間は以下の通りです。

充電時間バッテリー
30分22%
1時間45%
1時間30分68%
2時間87%
2時間30分97%
2時間53分100%
※充電速度は気温や本体温度、充電器によって異なる場合があります。

充電速度は遅く、30分毎に20%を少し超える程度を充電。2時間で87%まで充電できましたが、それ以降はかなり遅くなります。

とは言え、充電速度については、寝ている間に充電しておくルーティンの方であれば、特に問題では無いでしょう。

充電速度を重視する方ならOPPO A79 5G(33W急速充電対応)がオススメです。

▽OPPO A79 5G 実機レビュー!使って感じた評価。オススメできる or できない人は?

moto g24の音響をチェック

ステレオスピーカー搭載。音質〇

moto g24はステレオスピーカーを搭載しています。

底面の左にスピーカー
画面の上部にもスピーカー

エントリーモデルながら迫力のある音で音楽や動画を楽しめます。

画面上部のスピーカーの音は少し小さめで、あくまでメインは底面のスピーカーといった感じ。とは言え、Dolby Atmosに対応していることもあり、音の広がりはしっかりある印象でした。

Dolby Atmosのロゴ
やずX
やずX
エントリーモデルなのにステレオスピーカー搭載は好印象!

イヤホンジャック搭載

moto g24はイヤホンジャックも搭載しています。

天面に3.5mmイヤホンジャック

Bluetoothイヤホンだけでなく、有線イヤホンも使うことができるのはありがたい限りです。

▽IIJmio サマーキャンペーン!MNPでスマホが最大54,000円引き & SIMや通話定額も割引

moto g24の指紋・顔認証をチェック

moto g24は側面指紋認証顔認証の両方に対応しています。

認証速度は指紋の方がスムーズ。顔認証は、ロック画面が点灯→認証してホーム画面へと遷移するため、わずかに指紋認証よりも遅れます。

指紋認証
顔認証

とは言え、格安エントリーモデルにも関わらず、どちらも使えるのは嬉しいポイント。基本的には指紋、手が使えない時には顔と使い分けるのが良いでしょう。

moto g24のスペック

moto g24のスペックは以下の通りです。

 moto g24
OSAndroid 14
SoCHelio G85
メモリ8GB,
(RAMブースト:最大+8GB)
容量128GB, eMMC 5.1
最大1TB microSD対応
画面6.6" IPS LCDディスプレイ,
解像度: HD+ (1612×720p),
リフレッシュレート: 90Hz
アウトカメラ標準:5000万画素
マクロ:200万画素
インカメラ800万画素
電池5000mAh,
15W有線充電
音響3.5mmイヤホンジャック,
ステレオスピーカー,
Dolby Atmos
防塵防水IP52
おサイフケータイ非対応
5G非対応
4G LTEB1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19
/B20/B26/B28/B38/B40/B41
寸法163.49 x 74.53 x 7.99mm, 181g
本体色マットチャコール, アイスグリーン
その他Bluetooth 5.0, 2 nanoSIM (DSDV)
価格税込20,800円
(モトローラ公式ストア)

ソース:motorola

moto g24 レビューまとめ

moto g24のレビューをお届けしました。主なポイントをまとめると以下の通りです。

ポイント

✅薄型軽量のシンプルデザインがイイ感じ

✅マット背面は指紋が目立ちにくい

✅液晶画面はややドット感あり。ただし90Hzでなめらか駆動

✅処理性能は最低限だが、メモリは余裕あり(最大実質16GB)

✅標準カメラは意外とキレイに撮れる

✅バッテリー持ちは普通。充電速度は遅い

✅ステレオスピーカーの音質良好。イヤホンジャックもあり

✅防水はIP52(防滴)なので注意。おサイフケータイも非対応

総評としては、エントリーモデルなりにスペックの低さを感じる部分はあるものの、6.6インチ大画面に加えてステレオスピーカーもあるのでエンタメ向き。イヤホンジャックも対応です。

また、意外だったのは5000万画素の標準カメラが、割とまともな画質で撮れること。高度なことはできませんが、格安モデルであることを踏まえれば十分です。

そのほか、防水はIP52(防滴)であることや、おサイフケータイ非対応が注意ポイントですが、ライトユーザーのニーズを満たすには十分なスマホではないでしょうか。

moto g24をお得に購入する方法

moto g24の価格は税込20,800円(モトローラ公式ストア)ですが、格安SIM大手「IIJmio」に乗り換えでお得に購入可能です。

詳細は以下の記事でご確認ください。

▽IIJmio サマーキャンペーン!MNPでスマホが最大54,000円引き & SIMや通話定額も割引

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所の研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

1

楽天モバイルにMNP(電話番号そのままで乗換)すると、14,000ポイントがプレゼントされるキャンペーンが実施中です。 また、iPhoneを20,000円引きで購入できるキャンペーンも実施中で、上記の ...

2

格安SIM大手「IIJmio」にて、スマホがお得に買えるサマーキャンペーン【スマホ大特価セール】が始まったのでご紹介します。 MNPでスマホが最大54,000円(税込)引きの他、SIM料金や通話定額オ ...

3

格安SIM大手IIJmioが開催する「Xiaomi新機種発売記念キャンペーン」にて、新型スマホ「Redmi Note 13 Pro+ 5G」と「Xiaomi 14 Ultra」がお得に購入できるのでご ...

4

Google純正の人気スマホ「Google Pixel 8a」をお得に購入する方法をまとめています。 Google Pixel 8aはGoogleストアで税込72,600円となっていますが、実はSIM ...

-スマホ
-