スマホ

moto g24のAnTuTuベンチマークをチェック!処理性能に期待はしない方が良いが......

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

モトローラのエントリースマートフォン「moto g24」を購入したので、早速AnTuTuベンチマークで性能をチェックしてみました。

価格は税込20,800円(モトローラ公式ストア)と安価ながら、90Hz駆動ディスプレイやステレオスピーカーを搭載したモデルとなっています。

やずX
やずX
やずXです。X(旧Twitter)でも情報発信しているので、よろしければフォローお願いします!

▽IIJmio サマーキャンペーン!MNPでスマホが最大54,000円引き & SIMや通話定額も割引

moto g24のAnTuTuベンチマークスコア

moto g24はSoCに「MediaTek Helio G85」を搭載しています。

その処理性能を測るために、AnTuTuベンチマーク(Ver10.2.7)で計測を行いました。強い負荷への耐性を調べるために3回連続で行っています。

 

結果は24万~27万点台と言う結果に。最低限の処理性能で高負荷の3Dゲームには向いていませんが、ライトユーザーの方(電話やメール、LINEや動画鑑賞などが主な用途)であれば大きな不満は無さそうです。

AnTuTuベンチマークの目安表は以下をご覧ください。

AnTuTuベンチマーク 目安表

AnTuTuベンチマーク(Ver.10)で分かる大体の性能目安は以下の通り。参考にしてください。

スコア解説
~30万点超ローエンド。最低限のことができれば良い人向け
~40万点ローエンド。30万点未満よりも動作は快適。ゲーム以外はほぼ困らない
~60万点ミドルレンジ。30万点~40万点よりも快適。軽いゲームも楽しめる
~80万点ミッドハイレンジ。高画質設定でなければ3Dゲームも割と動く
~100万点ハイエンド一歩手前。高画質設定でも3Dゲームが楽しめる機種がある
~150万点ハイエンド。ほとんどの機種が高画質設定で3Dゲームが楽しめる
150万点超え2024年初頭の最強クラス。原神や崩壊:スターレイルも軽々と動く

moto g24は~約30万点のライン。2024年6月時点であれば、最低限のことができれば良いというユーザー向けの性能です。

電話やメール、LINE、ウェブ閲覧、動画再生など軽めの動作がメインとなる方であれば十分かと思います。

また、RAMブースト機能により最大16GBメモリ(8GB+ブースト8GB)で使えるので、たくさんアプリを開いても問題なさそうです。

なお、moto g24は格安SIM大手「IIJmio」のセールでお得に購入することができます。詳細は以下の記事でご確認ください。

▽IIJmio サマーキャンペーン!MNPでスマホが最大54,000円引き & SIMや通話定額も割引

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所の研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

1

楽天モバイルにMNP(電話番号そのままで乗換)すると、14,000ポイントがプレゼントされるキャンペーンが実施中です。 また、iPhoneを20,000円引きで購入できるキャンペーンも実施中で、上記の ...

2

格安SIM大手「IIJmio」にて、スマホがお得に買えるサマーキャンペーン【スマホ大特価セール】が始まったのでご紹介します。 MNPでスマホが最大54,000円(税込)引きの他、SIM料金や通話定額オ ...

3

格安SIM大手IIJmioが開催する「Xiaomi新機種発売記念キャンペーン」にて、新型スマホ「Redmi Note 13 Pro+ 5G」と「Xiaomi 14 Ultra」がお得に購入できるのでご ...

4

Google純正の人気スマホ「Google Pixel 8a」をお得に購入する方法をまとめています。 Google Pixel 8aはGoogleストアで税込72,600円となっていますが、実はSIM ...

-スマホ
-