Xiaomi最新情報 スマホ

Xiaomi Civi 4 Pro スペック・価格まとめ!ライカ印のカメラで鮮明かつ美しいポートレートが撮影可能

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

2024年3月21日、シャオミは新型ハイエンド・スマートフォン「Xiaomi Civi 4 Pro」を中国で発表しました。

以下、Xiaomi Civi 4 Proの主な特徴やスペック、価格等をまとめています。

Xiaomi Civi 4 Proの特徴

デザイン

Xiaomi Civi 4 Pro は、フラッグシップ級の性能を持つと謳われている薄型軽量のスマートフォン。横幅は 72.77mm、厚さは 7.45mm で、重量も 179.3g に抑えられています(厚さおよび重量はモデルにより若干異なる)。

筐体は金属製のミドルフレームと、ヴィーガンレザーの背面パネルで構成されており、Xiaomi 14 シリーズに劣らない高級感を感じさせます。

カメラ

背面にはメイン+2倍ポートレート望遠+超広角のトリプルカメラを搭載しています。

メインカメラには、F/1.63 の大口径ライカ・ズミルックスレンズが採用されており、イメージセンサーは 5000万画素の「光影猎人800(ライトフュージョン800)」。これは Redmi K70 Pro でも採用されている 1/1.55インチの高性能センサーです。

さらに、Xiaomi 14 Ultra と同じく高度な画像処理性能を持つ「Xiaomi AISP」を搭載。これにより、より豊かな陰影、高精度の色表現、自然なHDRを実現し、より感動的なポートレートが撮影できると謳われています。

その他、2倍ポートレート望遠には、F/1.98 の明るいレンズを採用し 5000万画素センサーを搭載。超広角は、F/2.2 のレンズでセンサーは 1200万画素です。

さらに前モデルと同様にデュアルインカメラを搭載。複数人の自撮りに適した 100° 広角カメラと、少ない歪みで人間をより美しく捉える 78° カメラの二つを備えており、どちらも 3200万画素で 1/2.8インチのセンサーとなっています。

さらに、ライカのカラーフィルターに加えて、Xiaomi 14 Ultra でも採用されている「マスター・ポートレートモード」を搭載しています。

この機能は、光と影、ボケ感、グレースケールレタッチの3つの計算写真モデルを備え、より自然で美しいポートレートが撮影できると謳われています。

その他、4K / 60fpsの動画撮影にも対応しています。

パフォーマンス

Xiaomi Civi 4 Pro は、最新のハイエンドSoC「Snapdragon 8s Gen 3」および、Andorid ベースのシャオミ独自のカスタムOS「Xiaomi HyperOS」を搭載。アプリケーションのインストール速度は前世代の 136% に向上し、高速の AI 処理性能を備えているといいます。

さらに、4,184mm² の大型循環冷却ポンプシステムも備えており、特に重いと言われる 3Dゲーム「原神」においても、30 分間のプレイで平均 59.4fps のパフォーマンスを発揮できるとのことです。

そのほか、LPDDR5X メモリ、UFS 4.0 ストレージに対応。メモリは 12GB / 16GB で、ストレージは 256GB / 512GB です。

ディスプレイ

ディスプレイは 6.55インチの C8 AMOLED(有機EL)を採用しており、解像度は 1.5K(2750 × 1236)。ピーク輝度は 3000nit にも達するとのこと。また、ベゼル幅は 1.45mm - 2.02mm と非常に細くなっています。

その他、最大120Hz のリフレッシュレートに対応。Corning Gorilla Glass Victus 2 により画面が保護されています。

その他のスペック

バッテリーは 4700mAh で、一般的な使用なら 1.4日の駆動が可能とのこと。67W有線急速充電にも対応しており、1600回のフル充電サイクルでも 80% ものバッテリー容量を保持できると謳われています。

その他、ステレオスピーカーやNFCを搭載し、 WiFi 6 および Bluetooth 5.4 に対応しています。

バリエーションと価格

基本カラーバリエーションは「春野绿(グリーン)」、「柔雾粉(ピンク)」、「微风蓝(ブルー)」、「星空黑(ブラック)」の 4 色。特徴的なのはグリーンで、モネの池のような装飾が印象的です。

また、そのほかに 3 つの限定色が用意されています。

価格は以下の通りで、12GBメモリ+256GB ストレージモデルで 2999元(約6.4万円)より。最新のハイエンド SoC やライカ監修カメラを搭載しながら、安価な設定となっています。

メモリ+ストレージ価格
12GB+256GB2999元(約6.4万円)
12GB+512GB3299元(約7万円)
16GB+512GB3599元(約7.7万円)
16GB+512GB(限定色)3599元(約7.7万円)

なお、海外メディア「GSMChina」によると、Xiaomi Civi 4  Pro は中国向けだけでなくインド向けの型番も確認できるとのこと。一方、グローバル向けには型番が用意されておらず、中国およびインド以外では発売されないと考えられます。

Xiaomi Civi 4 Proのスペック

Xiaomi Civi 4 Proのスペックは以下の通りです。

 Xiaomi Civi 4 Pro
OSXiaomi HyperOS
SoCSnapdragon 8s Gen 3
メモリ12GB/16GB, LPDDR5X
容量256GB/512GB, UFS 4.0
画面6.55" C8 AMOLED
1.5K (2750 × 1236)
リフレッシュレート: 120Hz
タッチサンプリングレート: 240Hz
ピーク輝度: 3000nit
12bit, HDR10+, Dolby Vision,
Corning Gorilla Glass Victus 2
アウトカメラ標準:5000万画素
2倍望遠:5000万画素
超広角:1200万画素
インカメラ標準:3200万画素
広角:3200万画素
電池4700mAh,
67W有線急速充電
音響ステレオスピーカー,
Dolby Atmos
5G n1/n3/n5/n8/n28a/n38/
n40/n41/n48/n66/n77/n78
4GFDD-LTE:B1/B3/B4/B5/B8/B18/B19/B26/B28a/B66
TDD-LTE:B34/B38/B39/B40/B41/B42/B48
寸法157.2×72.77×7.45 or 7.75mm,
179.3 or 177.6 or 180.9g
本体色緑, 桃, 青, 黒, 限定色
その他WiFi 6, Bluetooth 5.4
 価格12GB+256GB: 2999元
12GB+512GB: 3299元
16GB+512GB: 3599元

ソース:Xiaomi

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所の研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

1

楽天モバイルにMNP(電話番号そのままで乗換)すると、14,000ポイントがプレゼントされるキャンペーンが実施中です。 また、iPhoneを20,000円引きで購入できるキャンペーンも実施中で、上記の ...

2

格安SIM大手「IIJmio」にて、スマホがお得に買えるサマーキャンペーン【スマホ大特価セール】が始まったのでご紹介します。 MNPでスマホが最大54,000円(税込)引きの他、SIM料金や通話定額オ ...

3

格安SIM大手IIJmioが開催する「Xiaomi新機種発売記念キャンペーン」にて、新型スマホ「Redmi Note 13 Pro+ 5G」と「Xiaomi 14 Ultra」がお得に購入できるのでご ...

4

Google純正の人気スマホ「Google Pixel 8a」をお得に購入する方法をまとめています。 Google Pixel 8aはGoogleストアで税込72,600円となっていますが、実はSIM ...

-Xiaomi最新情報, スマホ
-