Xiaomi最新情報 ガジェット

Redmi Pad SE発表!スペック・価格まとめ。日本発売期待の安価な11インチタブレット

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

2023年8月15日、シャオミは新型タブレット端末「Redmi Pad SE」をグローバルで発表しました。

この記事では、Redmi Pad SEの主な特徴やスペック・価格をまとめています。

Redmi Pad SEの主な特徴

Redmi Pad SEは11インチのFHD+液晶を備えた安価なタブレット端末です。

廉価帯の製品ながら、リフレッシュレートは90Hzに対応。通常輝度は400nitsで8bit(1,670万色)表現に対応し、世界的な認証機関「テュフ・ラインランド」の低ブルーライト認証も得ています。

また、クアッドスピーカーも搭載しており、Dolby Atmosにも対応。昨年発売の「Redmi Pad」には無かった3.5mmイヤホンジャックも備えています。

ただし、SoCはRedmi Padよりも処理性能の劣る「Snapdragon 680」。AnTuTuベンチマーク(Ver.9)で25万点前後の性能と思われます。

その他、最大10W充電に対応した8,000mAhバッテリーや、正面に500万画素、背面に800万画素のカメラをそれぞれ搭載。Redmi Padと同じくユニメタルボディを採用しており、厚さは7.36mmと薄型。重量も478gと軽量です。

OSは、タブレット用に調整が加えられた「MIUI Pad 14」でAndroid 13がベース。容量は4 / 6 / 8GBのLPDDR4Xメモリ、128GBのeMMC 5.1ストレージに対応します。

カラーはラベンダーパープル、グラファイトグレー、ミントグリーンの3色。まずはEU圏で販売が始まるようで、価格は以下の通りです。

Redmi Pad SE

4GB+128GB:199ユーロ(約3.2万円)

6GB+128GB:229ユーロ(約3.6万円)

8GB+128GB:249ユーロ(約4万円)

EUでは他地域よりも比較的高額なVAT(付加価値税)が含まれるため、高めの価格設定となっています。日本やその他の地域でも販売される場合は、もう少し安い価格が期待できるでしょう。

日本でも販売されているRedmi Padの廉価版にあたる製品ですが、読書や動画など最低限の用途では十分活躍できそうです。

Redmi Pad SEのスペック

Redmi Pad SEのスペックのスペックは以下の通りです。

 Redmi Pad SE
OSMIUI Pad 14 (Android 13)
SoCSnapdragon 680
メモリ4 / 6 / 8 GB, LPDDR4X
容量128 GB, eMMC 5.1
最大1TBのmicroSDに対応
画面11型, FHD+(1920 x 1200), 液晶,
リフレッシュレート: 90Hz
標準輝度: 400nits, 8bit,
カメラ(背面)800万画素
カメラ(正面)500万画素
電池8,000mAh
10W急速充電
音響クアッドスピーカー,
3.5mm イヤホンジャック,
Hi-Res, Dolby Atmos
寸法255.53 x 167.08 x 7.36mm, 478g
本体色ラベンダーパープル,
グラファイトグレー,ミントグリーン
その他Bluetooth 5.0
価格
4GB+128GB:199ユーロ
6GB+128GB:229ユーロ
8GB+128GB:249ユーロ

ソース:Xiaomi

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

-Xiaomi最新情報, ガジェット
-