Xiaomi最新情報 スマホ

Redmi Note 12R 発表!「Snapdragon 4 Gen 2」世界初搭載。日本発売期待のモデル

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

2023年6月28日、シャオミは新型スマートフォン「Redmi Note 12R」を中国で発表しました。

Samsung 4nmプロセスの新型SoC「Snapdragon 4 Gen 2」を世界初搭載します。以下、主な特徴をまとめています。

Redmi Note 12Rの主な特徴

Redmi Note 12Rはフラットな形状を採用したモデルで、エントリー機種ながら安っぽさを感じない洗練されたデザインのスマートフォンです。

SoCには新型SoC「Snapdragon 4 Gen 2」を搭載。同SoCは、Samsung 4nmプロセスということで高いパフォーマンスを発揮することが期待されます。

メモリは4GB / 6GB / 8GBのLPDDR4X、ストレージは128GB / 256GBのUFS 2.2。最大1TBのmicroSDに対応しており、OSはAndroid 13ベースの最新カスタムOS「MIUI 14」をプリインストールしています。

画面は6.79インチの液晶ディスプレイ。最大90Hzの4段階式リフレッシュレートに対応し、SGS 低ブルーライト認証を取得。DC調光にも対応します。

アウトカメラは最大5000万画素のデュアルカメラを搭載。バッテリーは5,000mAhの大容量で、一般的な使用であれば約1.39日持続するとのこと。また最大18Wの急速充電に対応しています。

その他、3.5mmイヤホンジャック、IRブラスター(赤外線リモコン)を搭載し、IP53の防塵防滴、側面指紋認証と顔認証、FMラジオに対応します。

本体色は夜黑(ブラック系)、时光蓝(ブルー系)、天空幻境(ホワイト系)の3種類で、背面にはガラス製パネルを採用。厚さは8.17mmで重量は199gです。

価格は、1099元(約2.2万円)からとなっていますが、チャイナ・テレコムとの同時契約で99元(約2,000円)で購入することも可能なようです。

全体的なスペックはグローバルで発売されている「Redmi 12」とほぼ共通していますが、SoCには最新のSnapdragon 4 Gen 2を搭載しており、日本での発売も期待したいモデルです。

Redmi Note 12Rのスペック

Redmi Note 12Rのスペックは以下の通りです。

 Redmi Note 12R
OSAndroid 13, MIUI 14
SoCSnapdragon 4 Gen 2
メモリ4/6/8GB, LPDDR4X
容量128/256GB, UFS 2.2
最大1TBのmicroSD対応
画面6.79型, 液晶,
FHD+(2460×1080) ,
リフレッシュレート:最大90Hz,
タッチサンプリングレート:最大240Hz
アウトカメラ5000万画素+200万画素
インカメラ500万画素
電池5000mAh, 18W充電
防塵防水IP53
4G後日記載
5G後日記載
寸法厚さ8.17mm, 重量199g
本体色夜黑, 时光蓝, 天空幻境
その他側面指紋・顔認証, IRブラスター,
3.5mmイヤホンジャック
価格1099元(4GB+128GB)~

ソース:Weibo (1) (2)IT Home

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

-Xiaomi最新情報, スマホ
-