Xiaomi最新情報 スマホ

Redmi K70E発表!スペック・価格まとめ。Dimensity 9300-Ultra搭載でAnTuTu150万点超え

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

シャオミのサブブランドRedmiは、2023年11月29日に「Redmi K70E」を中国で発表しました。

この記事では、Redmi K60Eの主な特徴やスペック、価格などの情報をまとめています。同時に発表された「Redmi K70 Pro」「Redmi K70」は以下の記事をご覧ください。

▽同時発表の「K70 Pro」「K70」の情報はコチラ

Redmi K70Eの主な特徴

パフォーマンス/バッテリー

Redmi K70EはSoCにMediaTek製「Dimensity 8300-Ultra」を搭載する準ハイエンドの5Gスマートフォンです。5000mm²の大型ベイパーチェンバー冷却も備えており、AnTuTuベンチマークでは150万点を超えるスコアを発揮するとのことです。

OSにはXiaomi HyperOSをプリインストールしており、AIによる性能強化が謳われています。メモリは12GB / 16GB、ストレージは256GB / 512GB / 1TB。LPDDR5xメモリ規格、UFS 4.0ストレージ規格に対応します。

バッテリーは5500mAhと、K70およびK70 Proより大容量。充電は90Wに対応しています。

ディスプレイ

画面は6.67インチの有機ELフラットディスプレイで、解像度は1.5K (2712 x 1220ピクセル)です。

その他、120Hzのリフレッシュレート、最大2160Hzのタッチサンプリングレート、1800nitsのピーク輝度に対応。また、チラつきを抑える1920HzのPWM調光にも対応しています。

カメラ

アウトカメラは6400万画素のメインに加えて、800万画素の超広角、200万画素のマクロのトリプル構成。メインカメラには光学式手振れ補正(OIS)があります。

なお、インカメラは1600万画素です。

その他のスペック

その他、Dolby AtmosとHi-Resに対応しており、ステレオスピーカー、NFC、IRブラスター(赤外線リモコン)を搭載。Wi-Fi 6、Bluetooth 5.4に対応します。

寸法は、高さ160.45mm、幅74.34mm、厚さ8.05mm、重量198gとなっており、カラーバリエーションはブラック(墨羽)、ホワイト(晴雪)、グリーン(影青)の3色です。

Redmi K70Eの価格情報

Redmi K70E 各モデルの価格は以下の通りです。

Redmi K70E

12GB+256GB: 1999元(約4.2万円)

12GB+512GB: 2199元(約4.6万円)

16GB+1TB: 2599元(約5.4万円)

同時発表の「Redmi K70 Pro」「Redmi K70」はよりフラッグシップに近いスペックとなっていますが、こちらは程よいスペックで以前のKシリーズらしいコスパモデルとなっています。

▽同時発表の「K70 Pro」「K70」の情報はコチラ

Redmi K70Eのスペック

Redmi K70Eのスペック表は以下の通りです。

 Redmi K70E
OSXiaomi HyperOS
メモリ12 / 16GB, LPDDR5x
容量256 / 512GB or 1TB, UFS4.0
SoCDimensity 8300-Ultra
画面6.67", 1.5K (2712 x 1220), OLED,
リフレッシュレート 120Hz
タッチサンプリングレート 最大2160Hz
ピーク輝度 1800 nits
PWM 調光 最大1920Hz
12bit, DCI-P3, Dolby Vision
アウトカメラ
メイン:6400万画素+OIS
超広角:800万画素
マクロ:200万画素
インカメラ
1600万画素
電池5,500mAh
90W急速充電
音響ステレオスピーカー
Dolby Atmos, Hi-Res
4GFDD-LTE:B1/B3/B4/B5/B8/B18/B19/B26/B28a/B66
TDD-LTE:B34/B38/B39/B40/B41/B42/B48
5Gn1/n3/n5/n8/n28a/n38/n41/n48/n66/n77/n78
その他NFC, IRブラスター, Wi-Fi 6, Bluetooth 5.4
本体色墨羽, 晴雪, 影青
寸法160.45 x 74.34 x 8.05mm, 198g
価格12GB+256GB: 1999元
12GB+512GB: 2199元
16GB+1TB: 2599元

ソース:Xiaomi

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

-Xiaomi最新情報, スマホ
-