Xiaomi最新情報 スマホ

Redmi 13Cがグローバル発表!充電ポートはUSB Type-Cに進化したが......日本では発売しなくて良いかも

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

2023年11月10日、シャオミは新型スマートフォン「Redmi 13C」をグローバル向けに発表しました。

以下、Redmi 13Cの主な特徴やスペック、価格をまとめます。

Redmi 13Cの主な特徴

デザイン

Redmi 13Cは、エントリー機種ながら洗練された雰囲気のスマートフォン。デザインは日本でも発売されているRedmi 12 5Gを踏襲し、すっきりとしたデザインとなっています。

全体的にフラットな形状となっており、画面はCorilla Glassで保護。高い耐久性を謳っており、50万回の電源ボタンテスト、300回のローラーテスト20,000回のイヤホンジャックテスト、20,000回の充電ポートテストに合格しているとのこと。

本体色はMidnight Black、Navy Blue、Glacier White、Clover Greenの4種類。厚みは8.09mmとスリムで、重量は192gです。

パフォーマンス

SoCにはメディアテック製「Helio G85」を搭載。AnTuTuベンチマーク(Ver.10)は約29万点とのことで、日常使いなら動作は問題無さそうです。

メモリは4GB / 6GB / 8GBのLPDDR4Xで、ストレージは128GB / 256GBのeMMC 5.1。最大1TBのmicroSDに対応しており、OSはAndroid 13ベースのカスタムOS「MIUI 14」をプリインストールしています。

また、拡張メモリ機能にも対応しているため、最大で実質16GBメモリとすることも可能です(8GBメモリモデルの場合。8GB+8GB)。

ディスプレイ

画面は6.74インチの液晶ディスプレイを採用しており、解像度はHD+(1600 x 720)。最大90Hzの可変式リフレッシュレート、最大600nitsのピーク輝度にも対応しています。

また、世界的な認証機関テュフ・ラインランドの低ブルーライト認証、フリッカーフリー認証を得ており、眼精疲労が少ないと謳われています。

カメラ

アウトカメラは、5,000万画素のメインカメラと200万画素のマクロカメラのデュアル仕様となっています。

Redmi 12Cと比較して、ポートレートモードでの撮影速度が65%、夜景撮影速度が34.9%、それぞれ向上したとのこと。

インカメラは800万画素で、革新的なソフトライトにより、暗所でも自然な照明でセルフィーが撮影できると謳われています。

バッテリー・その他のスペック

バッテリーは5,000mAhの大容量で、25日間のスタンバイ、31時間の通話、23時間の動画再生、114時間の音楽再生が可能とのことです。

また、最大18WのPD急速充電に対応しており、充電ポートはMicro USBからUSB Type-Cへ進化しました。ただし、同梱の充電器は10Wです。

その他、3.5mmイヤホンジャック、IRブラスター(赤外線リモコン)を搭載。側面指紋認証と顔認証に対応します。

価格

価格は現時点で不明ですが、これまでのRedmi Cシリーズの価格帯を踏襲し、日本円換算で2万円台以下が予想されます。

とは言え、前モデルRedmi 12Cは充電ポートがMicro USBだったこともあり、イメージは良くありません。なぜ日本で発売したのか意図がよく分からないモデルでした。

幸いRedmi 13CはUSB Type-Cへ進化しているものの、画面はHD+でSoCもHelio G85と同じ。5Gも非対応なので、わざわざ日本では発売しなさそうです。

Redmi 13Cのスペック

Redmi 13Cのスペックは以下の通りです。

 Redmi 13C
OSAndroid 13, MIUI 14
SoCHelio G85
メモリ4/6//8GB, LPDDR4X
容量128/256GB, eMMC 5.1
画面6.74型, 液晶,
HD+(1600×720) ,
リフレッシュレート:最大90Hz,
ピーク輝度:600nit
アウトカメラ5000万画素メイン,
200万画マクロ
インカメラ800万画素
電池5000mAh, 18W充電
4GLTE FDD:1/3/5/7/8/20/28
LTE TDD: 38/40/41
寸法168 x 78 x 8.09mm, 192g
本体色Midnight Black, Navy Blue, Glacier White, Clover Green
その他側面指紋・顔認証, IRブラスター,
3.5mmイヤホンジャック, NFC
価格不明

ソース:Xiaomi

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

1

ワイモバイルオンラインストアの「大決算SALE」は4月1日に終わってしまいましたが、実は端末の価格は大きく変わっておらず、まだまだお得です。 そこで今回は、ワイモバイルでお得に購入できる人気スマホ「O ...

2

格安SIM大手「IIJmio」にて、スマホがお得に買える「シェアNo.1記念キャンペーン」が6/3まで延長されたので、ご紹介します。 MNPでスマホが税込110円〜と非常にお得な他、SIM料金や通話定 ...

3

ネットで注文できるソフトバンク正規代理店【スマホ乗り換え.com】にて、Xperia 10 Vが返却不要で9,840円で販売されているのでご紹介します。 そのほか、折りたたみスマホのmotorola ...

4

ワイモバイルオンラインストアにて、OPPO Reno9 Aが税込,9800円の特別価格で機種変更できるので、条件や価格情報などをご紹介します。 この記事はこんな人にオススメ! ✅OPPO Reno9 ...

-Xiaomi最新情報, スマホ
-