クーポン・セール情報

【最新】OPPO Reno9 Aをお得に購入するキャンペーン・セールまとめ!最安値をチェック

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

この記事では、OPPO Japanの5Gスマートフォン「OPPO Reno9 A」をお得に購入する方法をまとめています。

メーカー版の希望小売価格は税込4万6,800円となっていますが、実は格安SIMと同時契約することでお得に購入することが可能です。

やずX
やずXです。X(Twitter)でも情報発信しているので、よろしければフォローお願いします!

※記事の内容は最終更新時のものです。途中で内容が変更されたり誤記の可能性もあるので、必ずリンク先の各公式サイトで正しい情報を確認してください

OPPO Reno9 A お得情報まとめ表

現在、SIMカードとの同時契約で「OPPO Reno9 A」をお得に購入できるのはワイモバイル楽天モバイルの他、格安SIMのIIJmio。各社の販売額は以下の通りです。

購入先価格(税込)
ワイモバイル
(新規)
通常:31,680円
シンプル2 S加入で
21,720円
シンプル2 M/L加入で
18,400円

新どこでももらえる特典
PayPay最大6,000円相当付与
ワイモバイル
(MNP)
通常:31,680円
シンプル2 S加入で
16,680円
シンプル2 M/L加入で
13,400円

新どこでももらえる特典
PayPay最大6,000円相当付与
IIJmio新規:41,980円
MNP:9,780円
(24回払い可能)
楽天モバイル通常:40,700円
楽天モバイル申込で
20,700円
(24 or 48回払い可能)
下取りで更にお得に
メーカー版46,800円
(希望小売価格)

※MNP:電話番号をそのままに回線契約を他社から乗り換えること

まとめると最もお得なのが、MNPで安くなるIIJmio。SIMカードの月額が安いことも魅力で、音声SIM 440円割引×6ヶ月通話定額410円割引×6ヶ月など(6月3日まで)のキャンペーンを実施中。2GBプランと5分通話定額を合わせても、6ヶ月間は月額500円(税込)と非常にお得に使えます。

※キャンペーンの割引・データ増量は音声eSIMも対象

また、新規契約やMNPで大幅値引きとなるワイモバイルもお得です。

さらにワイモバイルは申込前にクーポンを獲得し、対象月のPayPay支払いのお買い物で最大6,000円相当のPayPayがもらえる「新どこでももらえる特典」も実施中です(付与上限はプランによって異なる)。詳細はキャンペーンページ(▷新どこでももらえる特典でご確認ください。

※新どこでももらえる特典の適用条件の概要はコチラにも記載しています。

楽天モバイルは、他社ほど端末はお得ではありませんが、どれだけデータを使っても基本月額が税込3,278円なので、大容量プランが使いたい方にオススメです。

各社初期費用&SIMカード最低月額

初期費用(税込)SIMカード最低月額(税込)
ワイモバイル初期手数料
オンラインストアは無料
4GB/月:2,365円
割引適用で
4GB/月:1,078円

IIJmio初期手数料
3,300円
SIMカード発行料
D回線:433.4円
or A回線:446.6円
2GB/月:850円
(6か月は410円)
楽天モバイル無料3段階制
3GBまで/月:1,078円
20GBまで/月:2,178円
上記以上/月:3,278円

ワイモバイルについて注意:割引は「PayPayカード割+家族割(2回戦目以降適用)」または「PayPayカード割+おうち割 光セット(A)」適用時

※IIJmioについて:1つのIDでいずれかの端末で1回のみ限定特価。また、過去1年以内に「MNP回線と対象端末をセット申込で特別価格(キャンペーン含む)」が適用された方は、本キャンペーンの特別価格は適用されません。

格安SIM 各社の特徴

ワイモバイルの特徴:店舗サポートあり!家族割もあり

やずX
ワイモバイルはソフトバンクの快速回線。また各地の店舗でのサポートもあるので安心ですね!

ポイント

安心のソフトバンクのサブブランド

割引適用で4GB/月:税込1,078円~
(通常は4GB/月:税込2,365円~)

オンラインストアは事務手数料&配送料無料

店舗でのサポートあり  

※割引は「PayPayカード割+家族割(2回戦目以降適用)」または「PayPayカード割+おうち割 光セット(A)」適用時

※ソフトバンク・LINEMOからのMNPについては割引対象外なので注意

さらに申込前にクーポンを獲得し、対象月のPayPay支払いのお買い物で最大6,000円相当のPayPayがもらえる新どこでももらえる特典も実施中です(付与上限はプランによって異なる)。

新どこでももらえる特典の注意点の概要は以下の通りですが、より詳しい内容が気になる方はキャンペーンページ(▷新どこでももらえる特典でご確認ください。

新どこでももらえる特典の注意

・新規・のりかえ・番号移行・シンプル2 S/M/Lへの変更が対象。シンプル2 S/M/L内のプラン変更と機種変更(指定プランからのプラン変更を伴う場合は除く)は対象外。

・クーポン獲得時の付与上限が適用。獲得時に届くメールを要確認。

※クレジットカードでのお支払いは対象外。

※出金と譲渡は不可。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可能。

※一部対象外の加盟店あり。Yahoo!ショッピング、Yahoo!オークション、LOHACOなど、 LINEヤフー株式会社のサービスは対象外。

\詳細はコチラ!/

ワイモバイルで購入

IIJmio:お得すぎるキャンペーン中!

IIJmioを提供する「インターネットイニシアティブ」は、MM総研の国内MVNO市場調査(リンク)によれば、2023年9月末時点でシェア第一位

※MVNO:ドコモ、au、ソフトバンク等のMNOから回線を借りて提供する事業者のこと

その武器は圧倒的なコスパです。例えば、2GBプランが税込850円、10GBプランでも税込1,500円とかなり安く、毎月の固定費用を抑えることができます。

ポイント

2~20GB対象:音声SIM 440円割引×6ヶ月(6月3日まで)
※音声eSIMも含む

30~50GB対象:音声SIM 5GB増量&半額×3ヶ月(6月3日まで)
※音声eSIMも含む

通話定額410円割引×6ヶ月(6月3日まで)

5Gオプションが追加料金なしで使える

プランは税込850円/月(2GB)~と格安

通話定額オプションあり(5分 or 10分 or かけ放題)

余ったデータ量は翌月繰り越し可能

機能やデータ量が違っても家族でデータシェア可能

ドコモ、au回線を選べる。eSIMも対応
※eSIMはドコモ回線のみ

ワイモバイルやUQモバイルは、家族で契約していても1回線目は家族割が適用されなかったりしますが、IIJmioは1回線目もそれ以降も全部安くシンプルな料金体系。更に5Gも無料で利用でき、MNP転出料・契約解除料もなしとなっています。

\詳細はコチラ!/

IIJmioで端末を購入する

楽天モバイル:どれだけ使っても基本月額3,278円まで


楽天モバイルは、どれだけデータを使っても基本月額が3,278円(税込)と、たくさんデータ通信を使用する方には嬉しい価格設定。その他の特徴は以下の通りです。

ポイント

契約初期費用も解約料も0円

基本月額は3GBまでなら1,078円
20GBまで2,178円、どれだけ使っても3,278円の三段階制(基本月額)

専用アプリ「Rakuten Link」で通話料0円(一部番号除く)

eSIMが使える

5Gも使える(対応エリア限定)

専用アプリで通話料が基本無料、また契約初期費用が無料になっていることも嬉しいポイントです。

\詳細はコチラ!/

楽天モバイル

OPPO Reno9 Aの主な特徴

劣化防止機能や防塵防水・FeliCaに対応

OPPO Reno9 Aは、前モデルから引き続き、システム内の不要なゴミを圧縮してサクサク動作が36ヶ月続くシステム劣化防止機能や、おサイフケータイ(FeliCa)に対応しています。

また、防塵防水もIP68と高い性能となっており、雨はもちろん一定の水没にも耐えられます。

そのほか最大1TBのmicroSD、3.5mmイヤホンジャック、画面内指紋認証、eSIMといった日本で求められることの多い付加価値が勢ぞろい。後から「あれがない、これがない」で悩まないスタンダードモデルとなっています。

ガラスを採用した薄型ボディ

OPPO Reno9 Aは、Reno7 Aから引き続き薄型ボディ(厚さ7.8mm)を採用。背面パネルにはガラスが採用され、独自の背面加工OPPO Glowにより洗練されたデザインとなっています。

ガラスはプラスチックよりも熱伝導効率が良く、排熱面でメリットがあります。

独自技術で省エネを実現したバッテリー

OPPO Reno9 Aは4,500mAhのバッテリーを搭載。また、OPPO独自の「Dynamic Computing Engine」省エネ技術により、長いバッテリー持続を実現しているとのことです。

また、18Wの急速充電に対応。バッテリーの劣化を抑えるバッテリーケア技術も使われています。

大容量の8GBメモリ搭載

OPPO Reno9 AはSoC(CPU)に「Snapdragon 695」を搭載。これは前モデルと変わりませんが、メモリは6GB → 8GBに増加しており、拡張メモリ機能でストレージを転用して最大16GBまで増やせます。

その他では128GBのストレージを搭載し、最大1TBのmicroSDによるストレージ拡張に対応。また、Android 13をベースにした独自UI「ColorOS 13」を搭載しています。

6.4型AMOLEDディスプレイ搭載。リフレッシュレート90Hz

OPPO Reno9 Aのディスプレイは、6.4インチのAMOLED(有機EL)で、解像度は1,080×2,400のフルHD+。リフレッシュレートは最大90Hzで、ピーク輝度は600nitsとなっています。

最大4,800万画素のトリプルカメラ搭載

OPPO Reno9 Aのアウトカメラは4,800万画素のメインカメラ(広角)、800万画素の超広角カメラ、200万画素のマクロカメラの3眼構成。インカメラは1600万画素です。

低画素のマクロカメラの作例はない

また、夜景やイルミネーションでキラキラの玉ボケを作り出すネオンポートレート、被写体をAIが認識し背景だけモノクロにして被写体を際立たせるAIカラーポートレート機能に対応しています。

\端末購入はコチラ!/

価格は4万6,800円より!SIM同時契約ならもっと安く

OPPO Reno9 Aの希望小売価格は税込4万6,800円。ワイモバイルや楽天モバイル、IIJmio等のMVNO、Amazonや楽天市場など各種販売チャネルで販売されています。

参照・引用元

詳細はリンク先の各公式サイトにて必ずご確認ください。

OPPO『OPPO Reno9 A』(https://www.oppo.com/jp/smartphones/series-reno/reno9-a/)

ワイモバイルオンラインストア(https://www.ymobile.jp/store/)

ワイモバイルオンラインストア  ヤフー店『新どこでももらえる特典』(https://ymobile-store.yahoo.co.jp/special/dokodemo/)

IIJmio(https://www.iijmio.jp/)

楽天モバイル(https://network.mobile.rakuten.co.jp/)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

-クーポン・セール情報
-, , ,