スマホ

POCO F6 ProのAnTuTuベンチマークをチェック!話題の高性能・高コスパスマホ

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

シャオミのハイエンドスマートフォン「POCO F6 Pro」を購入したので、早速AnTuTuベンチマークで性能をチェックしてみました。

ハイエンドチップを搭載しながら、市場想定価格は驚きの税込69,980円~。高性能かつ高コスパの製品を求めるユーザーにオススメのスマホです。

やずX
やずX
やずXです。X(旧Twitter)でも情報発信しているので、よろしければフォローお願いします!

▽POCO F6 Proをお得に購入するキャンペーン・セールまとめ!最安値をチェック

POCO F6 ProのAnTuTuベンチマークスコア

POCO F6 ProはSoCにクアルコム製「Snapdragon 8 Gen 2」を搭載しています。

その処理性能を測るために、AnTuTuベンチマーク(Ver10.2.7)で計測を行いました。強い負荷への耐性を調べるために3回連続で行っています。

 

結果は150万点台という高いスコアを記録。3回目のピーク時で温度は44.6℃まで上昇しましたが、なんとベンチマークスコアも3回目が最も高い値に。

普通、発熱するほどスコアは下がるのが当たり前ですが、発熱しても高いパフォーマンスを発揮できるような調整がされているようです。

AnTuTuベンチマークの目安表は以下をご覧ください。

AnTuTuベンチマーク 目安表

AnTuTuベンチマーク(Ver.10)で分かる大体の性能目安は以下の通り。参考にしてください。

スコア解説
~30万点超ローエンド。最低限のことができれば良い人向け
~40万点ローエンド。30万点未満よりも動作は快適。ゲーム以外はほぼ困らない
~60万点ミドルレンジ。30万点~40万点よりも快適。軽いゲームも楽しめる
~80万点ミッドハイレンジ。高画質設定でなければ3Dゲームも割と動く
~100万点ハイエンド一歩手前。高画質設定でも3Dゲームが楽しめる機種がある
~150万点ハイエンド。ほとんどの機種が高画質設定で3Dゲームが楽しめる
150万点超え2024年初頭の最強クラス。原神や崩壊:スターレイルも軽々と動く

POCO F6 Proは~150万点超えのライン。しかも、前述のベンチマーク結果から、多少発熱しても高いパフォーマンスを発揮し続けるものと思われます。

2024年7月時点であれば、日常使いはもちろんのこと、「原神」や「崩壊:スターレイル」「鳴潮」「ゼンレスゾーンゼロ」といった最新の3Dゲームも快適にプレイできそうな性能です

ゲーム性能については、別の記事で検証予定なのでお楽しみに。

POCO F6 Proをお得に購入する方法

なお、POCO F6 Proの市場想定価格は税込69,980円ですが、格安SIM大手「IIJmio」の回線と同時契約でお得に購入することが可能です。

詳細は、以下の記事をご覧ください。

▽POCO F6 Proをお得に購入するキャンペーン・セールまとめ!最安値をチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所の研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

1

楽天モバイルにMNP(電話番号そのままで乗換)すると、14,000ポイントがプレゼントされるキャンペーンが実施中です。 また、iPhoneを20,000円引きで購入できるキャンペーンも実施中で、上記の ...

2

格安SIM大手「IIJmio」にて、スマホがお得に買えるサマーキャンペーン【スマホ大特価セール】が始まったのでご紹介します。 MNPでスマホが最大54,000円(税込)引きの他、SIM料金や通話定額オ ...

3

格安SIM大手IIJmioが開催する「Xiaomi新機種発売記念キャンペーン」にて、新型スマホ「Redmi Note 13 Pro+ 5G」と「Xiaomi 14 Ultra」がお得に購入できるのでご ...

4

Google純正の人気スマホ「Google Pixel 8a」をお得に購入する方法をまとめています。 Google Pixel 8aはGoogleストアで税込72,600円となっていますが、実はSIM ...

-スマホ
-