スマホ

Xperia 10 VI ファーストインプレッション!いろんな意味でシンプル・スッキリ

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

ソニーのミドルレンジスマートフォン「Xperia 10 VI」を購入したので、ひとまず開封してのファーストインプレッションをお届けします。

価格は販路によって異なるものの、SIMフリー版であれば税込69,300円(ソニーストア)。前モデルよりも進化したSoCやステレオスピーカー等が魅力のスマートフォンです。

やずX
やずX
やずXです。X(旧Twitter)でも情報発信しているので、よろしければフォローお願いします!

記事のポイント

筆者が購入したXperia 10 VIのカラーはホワイトで、全体的にスッキリとしておりポップ感もあるデザイン。ほかにブラックとブルーがあります。

Xperia 10 VIの筐体の主な特徴や付属品等、ポイントは以下の通りです。

ポイント

✅フィルム・充電器・ケースも付属しない

✅164gでかなり軽量。幅もたった68mmで持ちやすい

✅イヤホンジャック&前面ステレオスピーカーを搭載

✅IP68防塵防水&おサイフケータイに対応

✅nanoSIM + eSIMに対応

✅最大1.5TBのmicroSDカードに対応

✅半透明の背面パネルが上品な感じ

✅ベゼルは上下左右すべて太い

✅指紋認証に対応。顔認証は非対応

それでは、以下詳細をご覧ください。

Xperia 10 VIを開封!ケースやフィルムは付属しない

まずは、Xperia 10 VIを開封していきます。

パッケージは紙素材でつくられたサステナブル仕様。中身は以下の通りです。

中身

✅本体

✅スタートガイド

✅保証書

内容物は、書類を除けば本体のみです。

やずX
やずX

す、すごくスッキリした内容ですね......。

破損や傷がつくことが気になる方は、いっしょにケースやフィルムも購入すると良いでしょう。

Xperia 10 VIの本体をチェック!

本体重量は実測で162g

本体は実測で約162gでした。公称重量は約164gですが、このあたりは誤差でしょうか。

200gを超えるとややズッシリ感がありますが、この点Xperia 10 VIは非常に軽量。軽やかに使えるスマートフォンです。

本体細部をチェック!

それでは、本体の細部もチェックしていきましょう。

本体の上下左右に配置されているボタンやポート等は以下の通りです。

右側のフレーム:ボリュームキー上下、電源ボタン兼指紋センサー
左側のフレーム:SIM&microSDカードスロット
底面:Type-C充電ポート、マイク穴
天面:3.5mmイヤホンジャック、マイク穴

そのほか、画面上部と下部にそれぞれスピーカーが備えられたステレオ仕様です。

画面上部にスピーカー
画面下部にスピーカー
やずX
やずX

スピーカーはどちらも前面配置!ダイナミックなサウンドが楽しめます。

カメラモジュールは非常にシンプルなデザインで、スッキリとした印象。カメラの隣にはFeliCa(おサイフケータイ)が搭載されています。

サイドフレームは少し丸みを帯びており、持ちやすさを考慮。カメラの出っ張りもわずかです。

SIMスロットは、裏表でnanoSIMとmicroSDカードがそれぞれ一枚ずつ入る仕様。

また、eSIMにも対応しているので、nanoSIMと組み合わせればデュアルSIMにできます。

やずX
やずX

ちなみに爪をひっかけて開ける仕様。SIMピンは不要です!

デザインもチェック。すごくシンプル

Xperia 10 VIのデザインもしっかりチェックしていきましょう。

印象的なのは、とにかく余計なものが全くないシンプルデザイン。半透明の樹脂パネルも上品な感じで万人受けしそうです。

やずX
やずX

ポップな感じもありますね!

画面には約6.1インチの有機ELが採用されています。

発色は良好ですが、昨今のトレンドに反してベゼルは上下左右すべてが太め。

一方、インカメラもベゼルに配置されているため、いわゆるパンチホールやノッチは無し。画面をに余計なものがないのは良い点でしょう。

なお、横幅はたったの68mm。丸みを帯びたサイドフレームも相まって、手が小さめな筆者でもグリップ感良好です。

やずX
やずX

片手操作もしやすい!

Xperia 10 VIのディスプレイをチェック

発色良好な21:9縦長の有機ELディスプレイ

Xperia 10 VIは、21:9の縦に長い6.1インチ有機ELディスプレイを搭載しています(多くのスマホは20:9程度が主流)。

21:9のアスペクト比は、映画の縦横比に近く余分な幅無しで映画コンテンツを楽しむことが可能。また、横幅が抑えられスリムな印象を受けます。

解像度はしっかりFHD+で、発色も良好。ただし、リフレッシュレートは60Hz止まりなので、120Hzのような滑らかスクロールは楽しめません。

やずX
やずX

最近の主流は120Hzになってきていますが......ここは残念なポイント。

ベゼルも太いのですが、一方でインカメラもベゼル内にあるため、映像コンテンツをさえぎるものがない状態で楽しめます。

直射日光下でも視認性は悪くない

Xperia 10 VIの具体的な輝度は不明ですが、夏の強い日差しの下でもちゃんと見られるディスプレイになっていました。

やずX
やずX
屋外でも画面の表示が見られるので、使い勝手良好です!

指紋認証に対応。顔認証は非対応

Xperia 10 VIは側面指紋認証に対応しており、認証速度は非常にスムーズです。

指紋認証

一方、顔認証には非対応なので注意しましょう。

まとめ:スッキリとしたシンプルデザインがイイ感じ

以上、Xperia 10 VIの本体や付属品のチェックでした。

シンプルでスッキリとしたデザインが印象的な本機ですが、ケースやフィルム等の付属品もなく、その点でもシンプル仕様。

税込69,300円(ソニーストア)という価格を考えると、高リフレッシュレートや顔認証に非対応だったりとスペック的にも物足りなさはあるのですが、イヤホンジャックや前面ステレオスピーカーを搭載するなどXperiaらしい魅力も。

約164g・横幅約68mmというコンパクトで軽やかに使える点も良い点です。もちろんIP68防塵防水(水没耐性)や、おサイフケータイにも対応しており、多くのニーズに応えることができるスマートフォンだと思います。

Xperia 10 VIをお得に購入する方法

Xperia 10 VIの実売価格は販路によって多少異なりますが、auのサブブランド「UQモバイル」の回線と同時契約なら最大22,000円引きで購入可能。UQモバイルは回線の月額もリーズナブルな点が魅力です。

詳細は以下の記事をご覧ください。

▽Xperia 10 VIが最大22,000円引き!UQモバイルオンラインショップ おトク割が実施中

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所の研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

1

楽天モバイルにMNP(電話番号そのままで乗換)すると、14,000ポイントがプレゼントされるキャンペーンが実施中です。 また、iPhoneを20,000円引きで購入できるキャンペーンも実施中で、上記の ...

2

格安SIM大手「IIJmio」にて、スマホがお得に買えるサマーキャンペーン【スマホ大特価セール】が始まったのでご紹介します。 MNPでスマホが最大54,000円(税込)引きの他、SIM料金や通話定額オ ...

3

格安SIM大手IIJmioが開催する「Xiaomi新機種発売記念キャンペーン」にて、新型スマホ「Redmi Note 13 Pro+ 5G」と「Xiaomi 14 Ultra」がお得に購入できるのでご ...

4

Google純正の人気スマホ「Google Pixel 8a」をお得に購入する方法をまとめています。 Google Pixel 8aはGoogleストアで税込72,600円となっていますが、実はSIM ...

-スマホ
-