Xiaomi最新情報

Xiaomi 14 Ultraは2種類存在?片方は画面下埋め込みカメラ搭載か

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

間もなくシャオミはプレミアムフラッグシップモデル「Xiaomi 14 Ultra」を発売すると見られていますが、これに関連した別のモデルがあるようです。

そのモデルは「Xiaomi Suiren」というコードネームが与えられており、これはXiaomi 14 Ultraの画面下埋め込みカメラ搭載バージョンである可能性があります。

Xiaomi Suirenという謎のモデル

海外メディア「GSMChina」によると、最近「Xiaomi Suiren」というコードネームの新モデルがGeekbenchで発見されたとのこと。

同メディアのチームは、このモデルがどの端末を意味するのかMi Code内の調査を行った結果、Xiaomi 14 Ultraの別バージョンであることを突き止めたといいます。そして、このモデルには画面下埋め込みカメラが搭載されているとのこと。

画像出展:GSMChina

ややこしいのですが、GSMChinaによれば、「Xiaomi Suiren」はMi Code内のコードネームとは異なっており、Mi Codeでいう「aurorapro」と同様のモデルだといいます。つまり、Xiaomi Suiren=auroraproです。

auroraはXiaomi 14 Ultraを指すコードネームと考えられ、こちらが通常のパンチホールカメラを持つモデル。そして、aurorapro(Xiaomi Suiren)が画面下埋め込みカメラを搭載するモデルとのこと。GSMChinaはXiaomi 14 Ultraの発表は4月頃と予想しており、Android 14ベースのHyperOSを搭載しているといいます。

なお、シャオミのフラッグシップモデルには、神話や天体に関連したコードネームが与えられてきました。Suiren(燧人)は、古代中国で火の生成と火を使った調理方法を紹介した伝説的人物です。

Xiaomi 14 Ultraのスペック

画像出展:X

これまでのリーク情報によると、Xiaomi 14 Ultraは90W急速充電に対応した5180mAh容量のバッテリーを搭載しており、さらに50Wのワイヤレス充電にも対応しているとされています。

また、カメラは1インチの5000万画素メインカメラのほか、超広角カメラと2つの望遠カメラ(3.2xおよび5x)を備えていると噂されています。

Xiaomi 13 UltraやXiaomi 14 Proは非常に高いカメラ性能を持ち、多くのシャオミファンを満足させました。Xiaomi 14 Ultraにも期待しましょう。

▽Xiaomi 14 Ultraのコンセプトデザインが登場!有力リーカーの情報に基づくデザイン

ソース:GSMChina

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

-Xiaomi最新情報
-