スマホ

motorola edge 40 neo ファーストインプレッション!おしゃれなデザインの薄型軽量スマホ

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

2024年5月24日に発売されたスマートフォン「motorola edge 40 neo」を購入したので、ひとまず開封してのファーストインプレッションをお届けします。

価格は税込54,800 円(モトローラ公式ストア)で、廉価モデルながら144Hz高リフレッシュレートの有機ELディスプレイを備え、IP68防塵防水おサイフケータイにも対応しています。

やずX
やずXです。X(旧Twitter)でも情報発信しているので、よろしければフォローお願いします!

記事のポイント

筆者が購入したmotorola edge 40 neoのカラーはカリビアンブルー。ほかにブラックビューティもありますが、どちらも色彩の世界的権威「パントン」社との協力でデザインされたカラーです。

motorola edge 40 neoの筐体の主な特徴や付属品等、ポイントは以下の通りです。

ポイント

✅エッジ/ラウンド形状で幅狭。持ちやすさ◎

✅パントン社監修&レザー調のおしゃれな背面デザイン

✅発色〇な6.55インチFHD+有機ELディスプレイ

✅IP68防塵防水&おサイフケータイ対応

✅ケース・充電器付属。ただしフィルムなし

✅デュアルSIM対応(nano+eSIM)

✅microSDカード非対応

✅画面内指紋&顔認証に対応。反応はスムーズ

それでは、以下詳細をご覧ください。

motorola edge 40 neoを開封!充電器・ケースが付属

まずは、motorola edge 40 neoを開封していきます。

パッケージはプラスチックフリーなサステナブル仕様。特典でステッカーも付いてきました(いつまで付くかは不明)。

中身は以下の通りです。

中身

✅本体

✅ブルークリアケース

✅68W充電アダプタ+ケーブル

✅SIMピン

✅使用ガイド等書類

ケース、充電器が付属するありがたい仕様。ただし、画面フィルムは付いていないので必要なら別途購入しましょう。

ちなみにケースはブルーのクリアケースとなっています。

本体のデザインを活かしつつも、マット加工がされているため指紋も目立ちにくく好感触です。

ただしサイドはガッツリ開放型なので、好みが分かれそうです。

motorola edge 40 neoの本体をチェック!

本体重量は172gで軽い

本体は実測で172g。公称通りの重量でした(公称重量はカラーで異なる。カリビアンブルー:172g、ブラックビューティ:170g)。

昨今のスマホは200gを超えることも多いので、かなり軽量なスマートフォンです。また、付属のケースを含めると189gでした。

やずX
個人的には200gを超えるとズッシリ感が出てきますが......。これなら長く持っていても疲れにくそうです!

本体細部をチェック!おサイフケータイとIP68防水対応

それでは、本体の細部もチェックしていきましょう。

本体の上下左右に配置されているボタンやポート等は以下の通りです。

右側のフレーム:ボリュームキー上下、電源ボタン

左側のフレーム:特に何も配置はなし

底面:左からスピーカー穴、マイク穴、Type-C充電ポート、SIMスロット

天面:マイク穴のみ

また、カメラモジュールの隣にFeliCaを内装。おサイフケータイに対応しています。

さらに、IP68という高い防塵防水性能も備えています。防塵については「塵埃が内部に入らない」レベル、防水については「継続的に水沈しても内部に侵水しない」レベルとなっています。

SIMスロットはnanoSIM一枚のみが入る仕様で、デュアルSIMで運用したい場合はeSIMも組み合わせる必要があります。

なお、microSDカードは非対応です。

デザインもチェック。持ちやすいデザイン

motorola edge 40 neoのデザインもしっかりチェックしていきましょう。

特徴的なのは、やはり色彩の世界的権威「パントン」社との協力でデザインされたカラー。

レザー風に加工された背面パネルには同社のロゴもプリントされており、おしゃれな雰囲気です。

また、背面パネルはラウンド形状を採用しており、ミドルフレームも流線型の美しいデザインです。

カメラモジュールには、デュアルカメラを搭載。構成は5000万画素の標準と1300万画素の超広角(兼マクロ)となっています。

カメラモジュールの周りがわずかに盛り上がっています。最薄部とカメラ部分の厚みは一円玉2枚程度の差があります。

画面には6.55インチの有機ELが採用されています。

画面はサイドがカーブしたエッジディスプレイとなっており、背面のラウンドと相まって手になじむ形状です。

画面上部にはパンチホールがあり、インカメラを搭載。また、その上部にはスピーカーが備えられています。

横幅は71.99に抑えられており非常にスリムな印象。流線型のデザインのおかげで、強く握っても刺さる感じはありません。

背面パネルがレザー風に加工されていることもあり、グリップ感も良好です。

やずX
手が小さめな筆者でも、かなり持ちやすいスマホですね!

発色良好なディスプレイ

motorola edge 40 neoは、144Hzの高リフレッシュレートに対応した有機ELディスプレイを搭載しています。

サイドがカーブしたエッジ形状を採用し横幅を抑えつつも、6.55インチと大きな画面で発色も良く非常にキレイに感じます。もちろん高いリフレッシュレートのおかげで、なめらかに動きます。

輝度は不明ながら直射日光下でも視認性は悪くありませんでした。

やずX
個人的には、すごく明るい訳ではないものの暗いとも感じない印象でした!

指紋・顔認証どちらもスムーズ

motorola edge 40 neoは画面内指紋認証顔認証の両方に対応しています。

指紋・顔ともに認証は非常にスムーズで精度も良く感じられます。

指紋認証

顔認証

ただし指紋センサーは低めの位置にあるため、片手で使う場合は意識して指を持って行く必要があります。

また、指紋認証を使って気付いたのは振動が安っぽいこと。2~3万円程度のスマホにありがちなモサッとした感じの振動です(ささいな問題ですが、このあたりにコストカットを感じます)。

まとめ:幅狭で持ちやすい。おしゃれなデザインも〇

以上、motorola edge 40 neoの本体や付属品のチェックでした。

ラウンド/エッジ形状を採用して横幅が抑えられおり、持ちやすいスマートフォンでした。また、鮮やかなブルーのレザー調デザインもおしゃれな雰囲気で好印象です。

有機ELディスプレイ採用で、IP68防塵防水やおサイフケータイにも対応しており、多くのユーザーが満足できるミドルレンジモデルでしょう。

一方、microSDカードに非対応なことやフィルムが付属しないこと等に注意。とは言え、68W充電器やケースは付属するのは嬉しいポイントです。

価格は税込54,800 円(モトローラ公式ストア)ですが、格安SIM大手IIJmioにて開催中のサマーキャンペーンでは、MNPなら税込19,800円で購入できます(2024年9月2日まで)。IIJmioのセール内容は以下の記事でまとめています。

▽IIJmio サマーキャンペーン!MNPでスマホが最大54,000円引き & SIMや通話定額も割引

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所の研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

1

楽天モバイルにMNP(電話番号そのままで乗換)すると、14,000ポイントがプレゼントされるキャンペーンが実施中です。 また、iPhoneを20,000円引きで購入できるキャンペーンも実施中で、上記の ...

2

格安SIM大手「IIJmio」にて、スマホがお得に買えるサマーキャンペーン【スマホ大特価セール】が始まったのでご紹介します。 MNPでスマホが最大54,000円(税込)引きの他、SIM料金や通話定額オ ...

3

格安SIM大手IIJmioが開催する「Xiaomi新機種発売記念キャンペーン」にて、新型スマホ「Redmi Note 13 Pro+ 5G」と「Xiaomi 14 Ultra」がお得に購入できるのでご ...

4

Google純正の人気スマホ「Google Pixel 8a」をお得に購入する方法をまとめています。 Google Pixel 8aはGoogleストアで税込72,600円となっていますが、実はSIM ...

-スマホ
-