スマホ

moto g64 5G ファーストインプレッション!軽量デザインや120Hz駆動画面が魅力

当ブログではアフィリエイト広告を掲載しています。

モトローラのミドルレンジスマートフォン「moto g64 5G」を購入したので、ひとまず開封してのファーストインプレッションをお届けします。

価格は税込34,800円(モトローラ公式ストア)、またワイモバイル版「moto g64y 5G」が税込21,996円となっており、どちらもおサイフケータイに対応しています。

▽moto g64 5G / g64y 5Gをお得に購入するキャンペーン・セールまとめ!最安値をチェック

やずX
やずX
やずXです。X(旧Twitter)でも情報発信しているので、よろしければフォローお願いします!

記事のポイント

筆者が購入したmoto g64 5Gのカラーはスペースブラックで、落ち着きがありつつも細かい粒子が輝く美しいデザインです。

ほかにシルバーブルーと、ワイモバイル版限定のバニラクリームがあります。

moto g64 5Gの筐体の主な特徴や付属品等、ポイントは以下の通りです。

ポイント

✅ケース付属。充電器とフィルムは付属しない

✅177g(公称)で軽量。厚さ7.99mmの薄型設計も魅力

✅イヤホンジャック&ステレオスピーカーを搭載

✅IP52防塵防滴&おサイフケータイに対応

✅nanoSIM + eSIMに対応

✅最大1TBのmicroSDカードに対応

✅落ち着いたデザインで万人受けしそう

✅ベゼルはやや太めも、120Hzリフレッシュレート対応

✅指紋・顔認証に対応。どちらもスムーズ

それでは、以下詳細をご覧ください。

moto g64 5Gを開封!フィルム・充電器は付属しない

まずは、moto g64 5Gを開封していきます。

パッケージはプラスチックフリーなサステナブル仕様。中身は以下の通りです。

中身

✅本体

✅ケース

✅SIMピン

✅仕様ガイド等書類

本体に加えてケースが付属。一方、充電器やフィルムは付属しません。

やずX
やずX

フィルムだけでも別途購入しておくと安心ですね!

moto g64 5Gの本体をチェック!

本体重量は実測で178g

本体は実測で約178gでした。公称重量は約177gですが、このあたりは誤差の範囲でしょうか。

200gを超えるとややズッシリ感がありますが、この点moto g64 5Gは軽い部類と言えるでしょう。

また、付属のケースを含めても200g以下でした。

やずX
やずX

軽いスマホ好きです!

本体細部をチェック!

それでは、本体の細部もチェックしていきましょう。全体的に角ばったデザインですが、角が斜めにカットされ持ちやすさも考慮されています。

本体の上下左右に配置されているボタンやポート等は以下の通りです。

右側のフレーム:ボリュームキー上下、電源ボタン兼指紋センサー
左側のフレーム:SIM&microSDカードスロット
底面:左からスピーカー穴、Type-C充電ポート、マイク穴、イヤホンジャック
天面:マイク穴

そのほか、画面上部にもスピーカーが備えられたステレオ仕様です。

画面上部にスピーカー

カメラモジュールは出っ張りが少なくスッキリとした印象。カメラの隣にはFeliCa(おサイフケータイ)が搭載されています。

SIMスロットは、nanoSIMとmicroSDカードがそれぞれ一枚ずつ入る仕様。

また、eSIMにも対応しているので、nanoSIMと組み合わせればデュアルSIMにできます。

デザインもチェック。安っぽさを感じないデザイン

moto g64 5Gのデザインもしっかりチェックしていきましょう。

筆者g購入したスペースブラックは、落ち着きがありつつも細かい粒子が美しく輝くデザイン。安っぽさがなく好印象です。

画面は約6.5インチの液晶ディスプレイとなっています。

ベゼルは決して細いわけではなく、特に下部は太め。このあたりは安価なスマートフォンにありがちです。

また、画面上部にはパンチホールがあり、インカメラが納められています。

なお、横幅は約73.82mm。明らかに大きいという感じはないものの、手が小さめな筆者だと片手で使うのは難しいです。

やずX
やずX

大画面の魅力もあるので、そこはトレードオフですね!

なお、moto g64 5Gの防水はIP52(防滴)レベル。水しぶきや少々の雨なら大丈夫そうですが、水没や土砂降りの雨には注意しましょう。

moto g64 5Gのディスプレイをチェック

発色良好な120Hz液晶ディスプレイ

moto g64 5Gは、120Hzのリフレッシュレートに対応した6.5インチ液晶ディスプレイを搭載しています。

液晶ながらFHD+の解像度で発色も良好。また、リフレッシュレート120Hzに対応しているおかげで、スクロールも非常になめらかです。

やずX
やずX

なめらか動作だと目に優しく感じます!

直射日光下では一応見えるレベル

moto g64 5Gの画面輝度はそれほど明るい感じは無いものの、夏の強い日差しの下でも一応見られるディスプレイになっていました。

画面の明るさはどこまで求めるかにもよるのですが、一般的な液晶レベルだと感じました。

指紋・顔認証に対応。どちらもスムーズ

moto g64 5Gは側面指紋認証・顔認証に対応しています。

指紋認証
顔認証

認証速度はどちらも非常にスムーズです。

まとめ:安価ながら120Hz駆動ディスプレイ搭載が魅力

以上、moto g64 5Gの本体や付属品のチェックでした。

付属品はケースがあるものの、フィルムや充電器はなし。一方、スペック的には、120Hzでなめらかに駆動する液晶ディスプレイや、ステレオスピーカーを搭載している点が魅力です。

また、実際に持って使ってみると、約177gという軽さや安っぽさを感じない背面パネルも気に入りました。

2024年時点では標準的な性能のミドルレンジチップ「Dimensity 7025」を搭載していることもあり、税込34,800円(モトローラ公式ストア)という価格設定はコスパ十分。おサイフケータイに対応していることも良い点です。

moto g64 5G / g64y 5Gをお得に購入する方法!

なお、moto g64 5G / g64y 5Gは実質ほぼ同じモデルですが、以下の違いがあります。

g64 5Gg64y 5G
販路キャリアフリー(SIMフリー)ワイモバイル
価格税込34,800円(モトローラ公式ストア)税込21,996円
メモリ8GB4GB
カラー・スペースブラック
・シルバーブルー
・スペースブラック
・シルバーブルー
・バニラクリーム

g64y 5Gはワイモバイル専売モデルで、メモリが4GBにカット。その分、価格がかなり抑えられておりさらに手に取りやすい製品になっています。

やずX
やずX

ライトユーザーならワイモバイル版(g64y 5G)でも問題なさそう!

moto g64 5G / g64y 5Gをお得に購入する方法は、以下の記事にまとめているので是非ご覧ください。

▽moto g64 5G / g64y 5Gをお得に購入するキャンペーン・セールまとめ!最安値をチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

やずX

Xiaomiモノづくり研究所の研究員(2022年〜)で、スマホの専門家。スマホを実際に使って評価しています。ニュース記事は、信頼性の高いソースを元に独自の視点を加えて書いています。 ↓X(Twitter)でも情報発信中!

オススメ記事

1

楽天モバイルにMNP(電話番号そのままで乗換)すると、14,000ポイントがプレゼントされるキャンペーンが実施中です。 また、iPhoneを20,000円引きで購入できるキャンペーンも実施中で、上記の ...

2

格安SIM大手「IIJmio」にて、スマホがお得に買えるサマーキャンペーン【スマホ大特価セール】が始まったのでご紹介します。 MNPでスマホが最大54,000円(税込)引きの他、SIM料金や通話定額オ ...

3

格安SIM大手IIJmioが開催する「Xiaomi新機種発売記念キャンペーン」にて、新型スマホ「Redmi Note 13 Pro+ 5G」と「Xiaomi 14 Ultra」がお得に購入できるのでご ...

4

Google純正の人気スマホ「Google Pixel 8a」をお得に購入する方法をまとめています。 Google Pixel 8aはGoogleストアで税込72,600円となっていますが、実はSIM ...

-スマホ
-,